話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

黒竜転生〜ドラゴンに転生した男の物語〜

GAN

11話 宿

「この宿にしよーよ!安そうだし!」

「ここ宿なのか?」

結構ボロいから正直これが宿だとしても泊まるのは気が引ける。宿の看板を見て思ったがこの世界の文字は俺には読めないらしい。

「いいから入るの!」

「うお!」

そう言いながらエルに手を引かれて仕方なくその宿に入った。

ギギギ〜

「こんにちは〜、あれっ?誰も居ないのかな?」

中に入ってみると意外にも普通の感じだったので少し安心した。

「こんにちは〜誰か居ませんか〜?」

「は〜い!」

中の方から声が聞こえてきた。中から出てきたのは若い女性だった。

「いらっしゃい!何名様ですか?」

「2人です!1部屋貸してもらえませんか?」

んっ?1部屋?ちょっと待て!それはまずい、

「待て待て!1部屋?俺の部屋は?」

「何言ってんのよ?そんな2つも部屋借りるお金あるわけないじゃない、」

ま、まじかよ〜、俺の理性が持つだろ〜か?

「分かりました!1泊50ゼニーです!」

「安いですね!!じゃあ、取り敢えず1週間お願いします!」

「でしょ〜!安いのが売りですから!あっ!忘れてました。私の名前はルナっていうの!よろしくね!これは部屋の鍵、何かあったら呼んでね!」

「ありがとう!」

部屋に入ってみると意外にも普通の部屋でベットと机が一つずつあるだけだった。
部屋に入るとこれからのことを話すことにした。

「まず、ギルドを探して冒険者登録してからクエストを受けてお金を稼ぐの、」

「ギルドなんてあるんだね、」

「うん、まずそうしないとお金が稼げないからね!」

「宿も見つけたし、じゃあ、ギルドに行ってみるか?」

ぐるるる〜

エルは顔を赤らめて「えへへっ、」と笑いながらお腹を抑えた、

「その前にご飯食べない?」

「そ、そーだな、」

宿の広間に降りるとルナがテーブルを拭いていた。

「あっ!お出かけですか?」

「何か食べさせてもらえないかな〜って」

「いいですよ〜!少し待ってて下さいね!」

そう言ってルナは厨房に向かっていった。
テーブルに座って待っていると食事が運ばれてきた。

「おまたせー!」

「おおー!美味しそう!」

ステーキとサラダ、そしてスープが運ばれてきた。

「早速たべよー、、、」

「いただきま〜す!」

エルはよほどお腹が空いていたのかもうたべ始めていた。

「もぐもぐ、、おいひいねほれ、、もぐもぐ、、とくひこのおひくさいほ〜、ごっくん!」

「もう少し落ち着いて食えよ、」

でも確かに美味い、この肉もレアな焼き加減で簡単に嚙み切れる。サラダも少しレモンのようなしょっぱさがあり食欲をそそる。

「美味しいでしょ?料理には自信あるの!」

「確かに美味いよ!」

ギギギ〜

扉が開くと鎧を着た人間が入ってきた。

「見つけたぞ!」

そう言って最後に入ってきた男はこちらを見つめていた。







「黒竜転生〜ドラゴンに転生した男の物語〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く