話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

黒竜転生〜ドラゴンに転生した男の物語〜

GAN

10話 殺気

このアストの町は見た感じだと賑やかでとても過ごしやすそうな町だ。それにしても商業の町ってだけはあるな、亜人の数がとても多い。人間と同等、いや、それ以上か、
王国を魔族から守った騎士団の一人の男がこの町の領主となり収めているらしい。

俺が町の様子をまじまじと見ているとすぐ横でリザードマンとおぼしき亜人が酒を飲んでいるのか騒ぎ立てていた。

「きゃっ!」

何の果物か俺には分からなかったが沢山の果物を抱えていた女の子がそのリザードマンとぶつかり果物をぶちまけてこけた。

「あっ?いてーじゃねーかよこのヒューマン風情が!」

そう言いながらそのリザードマンは果物を踏み潰した。

「ごめんなさい、ごめんなさい」

女の子は泣きそうになりながら必死に謝っていた。

「くそがっ!足が汚れたじゃねーか、風呂代払えよ!10万で許してやるよ!」

「そ、そんな!」

「大丈夫?」

そう言って俺はその子に手を差し出した。自分でもあまりこういうのには関わりたくなかったのだが、無意識に女の子に話しかけていた。

「ああっ?なんだてめー?文句でもあんのか?」

そう言ってリザードマンは足に着いた果物の汁を俺に飛ばしてきた。

なんだ?なんなんだろう?この感覚。
ああ、そうか、これが怒りか、俺が怒りを抱くなんてそんなことあったかな、無かったな、あまり人と関わる人生じゃ無かったし、

俺は怒りの眼差しをそのリザードマンに向けた。

殺してやろうか、そう思ったその瞬間だった。そのリザードマンが突然黙ったかと思うと泡を吹きながら倒れたのである。それだけではない、周りにいた人間や、亜人のほとんどがバタバタと倒れていった。

「はっ?なんだこれ?」

俺の感情は怒りから驚きに変わった。

「ちょっと、ルーク!殺気出しすぎ!」

「あっ!ああ、ごめん」

さっきの少女はエルによって守られていたらしい、意識は大丈夫のようだ。

エルは怒りながら俺の方へ近づき、俺の耳を引っ張った。

「バカ!あんた自分がドラゴンだって忘れてないでしょうね?ドラゴンの本気の殺意なんて上級の魔法使いの意識を侵すような魔法の何倍も凄いものなのよ?私は何とか大丈夫だったけど、」

「ご、ごめんなさい、」

「全く、取り敢えずここにいると怪しまれるから場所を変えるよ」

「りょーかい、」

「待って!」

立ち去ろうとした俺たちに助けた少女が声を掛けてきた。

「あの、助けてくれてありがとう!お兄ちゃん、お姉ちゃん!これお礼。」

そう言って持っていた果物を一つくれた。

「気にするな!気をつけていけよ!」

そう言いながら俺はその子の頭を撫でた。顔を赤らめて「うん!」と言いながら笑うその子の笑顔を見て自分はこういう笑顔が見たかったんだなと思った。

「取り敢えずどこかの宿に入ろうよ!」

「そうだな、」


「ガルム隊長!今町の方で、」

「ああ、間違いなくさっきのやつだ。町の方へ行ったのか、」

「早く戻らないと町が、」

「大丈夫だろう、もう感じない。だか、確かに早く戻った方がいいかもな」




「黒竜転生〜ドラゴンに転生した男の物語〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く