話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

黒竜転生〜ドラゴンに転生した男の物語〜

GAN

9話 商業の町

「消えたか、、」

「確かに感じなくなりましたね、強大な魔力がさっきまでビリビリと伝わってきていたのに、」

「多分、向こうも感じとったんだろう、俺たちの魔力を。そこら辺の下級の魔族が襲って来ないように威嚇のつもりで魔力を消さなかったのが裏目に出たな、」

「しょうがないですよ、ガルム隊長の魔力は人間最強クラスなんですから」

あの魔力、近くにきてからはっきり分かった。あれはドラゴンで間違いないな、しかもかなりの力を持ったドラゴン。

「ドラゴン、、、」

!!!

「隊長、今ドラゴンって、」

「やはり、ドラゴンなんですね、それならばこの調査もここで終わりです。一旦引き返して体制を立て直しましょう。例え隊長いたとしてもこの人数でドラゴンと鉢合わせれば終わりです。」

「そうだな、総員!撤退!」

「はい!!」

王国騎士団は撤退するのであった。

その頃、ルークとエルは町の近くまで来ていた。

「そういえばエルはどうして旅をしているんだ?」

「私はこの世界を見て見たかったの!だから旅をしているの、ただそれだけよ!」

無邪気に笑うエルの笑顔の中に少し寂しそうなものを感じた。だが、俺はあえてそれに触れなかった。

「それより町を見て回りましょう!私もこの町にきたのは初めてなの!この町に来る途中に通りかかった洞窟で強大な魔力を感じて入ってみたらあなたがいたって感じよ!」

「なるほど、それで洞窟にいたのか」

町に入ると町は賑やかに栄えていた。人以外の種族もたくさんいるようだ。

「このアストの町は商業が盛んな町なのよ、だから亜人がたくさんいるの!ドワーフなんかは力があるから建設業や鍛冶屋、エルフは回復のポーションなどを売って人間と友好な関係を築いているの」

なるほど、亜人と人はそういう風にして友好を深めているのか。

「まずは宿を探しましょう!今回は私が貸しにしといてあげる!でも後から稼いでちゃんと返してね!」

「助かるよ!」


「黒竜転生〜ドラゴンに転生した男の物語〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く