黒竜転生〜ドラゴンに転生した男の物語〜

TKK

8話 冒険

「さてと人間の姿になれたところでこの洞窟ともおさらばだな、」

「これからどうするの?」

「う〜ん、そうだなとりあえずこの辺りを見て回ろうかな、」

「ということは何もあてが無いってこと?」

「まあ、そうなるな、」

「なら、私と一緒に来ない?」

「えっ?ま、まあ俺はいいけど、」

「決まりね!」

そう言ってエルは腕を組んできた。

「お、おい!、、、んっ?」

なんだ?このピリピリとした空気は?なんかあまりいい気分のするようなものじゃ無いな。

何か気配のようなものを感じてエルの方を見てみるとエルも何かを感じたようで顔を曇らせていた。

「やっぱりルークも何か感じた?」

「ああ、なんだろうこれ?」

「これは魔力察知のスキルよ、人間はスキルを習得することによって得ることができるけど魔力の高いエルフなどの亜人は無意識に持っているものなの」

「じゃあ、魔力を持った何かがこの近くにいるってこと?」

「多分ね、それもかなり高い魔力のものがいるわね」

「そ、そうなのか、俺にはあまり分からないけど」

「ドラゴンともなるとこの程度の魔力の差はないようなものなんじゃない?」

「な、なるほど、」

「とにかくこの洞窟から出ましょう!後、魔力を消しておくわね、相手にも察知されるから」

そう言ってエルは杖で魔法をかけてくれた。

「ありがとうな、」

「どういたしまして、さあ、行きましょ!」

「ああ!」


その頃、洞窟の近くには調査をしていた王国騎士団の姿があった。

「黒竜転生〜ドラゴンに転生した男の物語〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く