話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

黒竜転生〜ドラゴンに転生した男の物語〜

GAN

7話 種族

「な、なあドラゴンについて聞いてもいいかな」

「えっ?ドラゴンなんだからルークが一番詳しいんじゃないの?」

「え〜と、」

そうだよな、俺ドラゴンなんだしドラゴンのことを聞くのは流石におかしいよな。

「俺、実は記憶が曖昧なんだよね、ははは、、、」

昔から嘘の下手な俺の精一杯の嘘にエルも何か感じたらしい。俺の顔をジッと
見つめ顔を曇らせていた。

さ、流石に嘘だとバレるか。

「そっか〜!ドラゴンなのに忘れん坊さんなんだねルークは!」

よ、よかった〜、こいつアホだな!

「この世界にはね人間以外にも様々な種族がいるの!獣人族や巨人族、ドワーフやリザードマンなどが例としてあげられるかな、そういう種族にも得意不得意なことがあって強さに違いがあるの!今この世界で種族として強いとされているのはエルフね!」

「エルフもいるのか、会ってみたいな、」

「う〜ん、エルフじゃないけどほらっ!」

そう言ってエルは自分の耳を見せてきた

「えっ!その耳、エルってエルフだったのか!?」

「私はハーフエルフなの半分だけエルフ」

「驚きを普通に通りこして驚けねーよ。
あれっ?でも最強はドラゴンだったんじゃないの?」

「あ〜、ドラゴンは種族なんだけどドラゴンはこの種族より強いとか比較するレベルじゃないの!この世界ではドラゴンは災厄として分類されるの!嵐や地震と同じ。
ドラゴンが一度暴れれば他の種族にはどうすることも出来ないの、」

「す、すげ〜な〜」

「この世界で神と崇められる存在を抜かせばドラゴンが最強なのよ」

は、はあ〜、驚きが多過ぎて頭が整理できない。エルがハーフエルフってのも驚きだし、ドラゴンが強さの次元の違いにも正直自分が怖いわ。

「だからくれぐれも暴れないでね!」

「ははは、、気をつけます」


「黒竜転生〜ドラゴンに転生した男の物語〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く