話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

黒竜転生〜ドラゴンに転生した男の物語〜

GAN

4話 王国騎士団

「最近この町周辺での魔物たちの動きが騒がしい」

「確かに、町に流れる魔力もあまりいい気分のものではないな」

「何か強大な魔物でも現れたんじゃないか?」

「まさか、下級の魔物しかいないこのアストの町で魔力の流れを乱すような強力な魔物が現れるわけないだろ」

「だが、魔力を持たない人間でさえ感じとれるほどの魔力の乱れ、これは上級、いや、それ以上の魔物ではないとこんなことありえない」

ガチャ

「まあ、落ち着け。」

そういって入ってきたのは鎧をまとった大柄の男だった。

「隊長!」

「すまないな、大事な作戦会議に遅れてしまって、」

「いえいえ、何も問題はありません。どうせ話は隊長がいなければまとまりませんから」

「そうか、それでどこまで話は進んだ?」

「はい、私から説明させていただきます。現在このアストの町に魔力の乱れが生じその調査として我々王国騎士団が招集されましたが今だ原因は分からないままです。分かっているのはこのような魔力の乱れは上級の魔物が意識的に乱すかそれ以上の存在が無意識に魔力を垂れ流しているかという可能性が考えられることです。」

「待て待て、魔力を垂れ流してるだけでこのような異変が起こるということは?、、」

「ええ、考えられるとしたらドラゴン」

「ドラゴン、その存在事態が厄災に数えられる最強の種族」

「まあ、最悪の事態ですがね」

「話はわかった。その最悪の可能性も考えて対策を考えておかんといかんな、調査を続けろ!」

「はっ!」

「黒竜転生〜ドラゴンに転生した男の物語〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く