話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

黒竜転生〜ドラゴンに転生した男の物語〜

GAN

1話 転生

「ここはどこだ?」

「真っ暗で何も見えない、何で俺はこんな暗いところにいるんだ?」

ズドーン

「うわ、何かにぶつかった!」

何かを壊してしまったようだ。あれ?そういえば何がぶつかったんだ?普段生活していたら手がどこかにぶつかれば手がぶつかったことを何の疑問もなく認識するもんだ。なのに俺は何が何にぶつかったのか理解できなかった。なんでかって?それは人にはないものが俺の身体にあったからである。

「しっぽ??」

俺は理解するのにかなりの時間を用した。俺のおしりから黒く爬虫類のようなしっぽが生えていた。もっとよくみれば体中が爬虫類のような黒い鱗に覆われていた。

「なんだ、なんだ、俺の身体どうしちまったんだ??」

そうしているうちに目がなれてきたのか自分がいる場所が分かってきた。今俺は洞窟にいるみたいだ。近くには湖があった。湖の水面に映る自分の姿を見て驚きを隠せなかった。

俺はあまりない知識の中である生物のことが思い浮かんだ。

「ドラゴン??」

「俺はドラゴンになってしまったのか??、いや待て、これは夢かなにかじゃないのか??
でもさっきなにかにぶつかった時結構痛かったよな??」

分からない、理解ができない、俺の頭が悪いからか、だけどどう考えてもこの状況がなんなのか分からない。俺は記憶の欠けている部分を考えてみた。



「黒竜転生〜ドラゴンに転生した男の物語〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く