話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

Regulus

有賀尋

Beginning of one trip

「やってきました、Regulus in」
『北海道!』

Regulusの旅番組をすることになり、慶、俺、真修は北海道にやって来ていた。
3泊4日の北海道は中々にハードになりそうだった。なんせ巡るところが多すぎる。

「さて、始まりましたー!テンションめっちゃ上がってるギター担当Masyuでっす!」
「Regulusボーカルのkeiだ」
「Masyuとkeiの保護者、ドラム担当のHaruだ」
「今回はなんとこのメンツで北海道に来ました!」

今回の旅MCは真修に全部任せた。
本人がやりたいと言い出したからだ。

「俺はshikiと来たかった」
「まぁまぁそういうこと言うなって。向こうはフランスだっけ?」
「フランスもいいなー、行きてー!」
「それより早く進めろって」
「おっとそうだった!えーっと、今回は3泊4日で北海道を旅しよう!っていう番組です!早速行ってみよう!」
『どこにだ』

俺と慶の言葉がドンピシャに被る。打ち合わせをしたわけでは全くない。

「ドンピシャだし!えーっと?行き場所はなんとくじ引き!というわけでkeiこれ引け!」

出されたのは行き場所が書いてあるであろうカラーボールが入っている透明なBOXだ。 

「これ引けばいいのか?」
「そ!ほら早く!」

真修が中身をシャッフルして慶の前に差し出すと慶が1つボールを引いた。

「お、決まりました!最初の場所!」

俺は保護者でいよう。

再度心に誓ってレンタカーに乗り込んだ。

「Regulus」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「その他」の人気作品

コメント

  • ハイイロチョッキリ

    とても面白い!

    0
コメントを書く