勇者の魂を受け継いだ問題児

ノベルバユーザー260885

*寮長見参*

「「 寮生全員があの寮長の事を恐れているからだよ 」」




「…………」


 二人の表情と声音から、決して冗談などではないという事くらいは分かった。
 センリは暫しの無言の後、再び口を開いて訊ねた。


「……という事は、結構ヤバいそっち系の人だったりするのか……?」


 しかし、その問いにクロードが首を横に振る。


「いや、物凄く好い人だぞ?困った事があれば何でも相談に乗ってくれて、信頼できて、いつもニコニコしていて……まぁ、寮生全員に分け隔て無く接してくれる『お母さん』みたいな人だ」


「……なんだよそれ。なんか矛盾してないか……?」


「要は、怒らせなければいいんだよ。寮のルールをしっかり守って、彼女の逆鱗に触れさえしなければとても温厚で、寮生たちに慕われるような人だからね」


「へぇ……ちなみにその "逆鱗" って―――」


「……あら?二人とも。その方はもしかして……」


「……ん?」


 センリが寮長の事をもっと聞こうと思ったが、その瞬間、横から声がかかった。
 センリがそちらへ目を向けると、一人の女性がいた。


 薄紫色の長い髪を後ろで1つに束ねた、20代後半から30代前半くらいの女性。
 彼女は、この派手で豪勢な寮とは対照的で不似合いな和服を身に纏い、微笑を浮かべながら此方へ歩いてくる。


「(……もしかして、この人が……?)」


 この雰囲気を見る限り、とても温厚だということは事実なのだろう。


「……ああ、こいつは―――」


 和服姿の女性に問われて、クロードが俺を紹介しようとしたが、屈託の無い笑みを・・・・・・・・浮かべたセンリが・・・・・・・・遮って言った。


「センリ・ヴァンクリフと申します。先日、聖グラムハート学院に編入させていただきました。本日から学生寮ここでお世話になります。よろしくお願いします」


 そう言って、センリが頭を下げた。


「―――ッ!?」
「―――は!?」


 そんな、(猫を被った) センリの態度を見た二人の表情が、固まる。
 ソーマに関してはセレスティーナの時に見たと思うが、面倒くさそうにへつらっていただけのあの時とは、センリの表情や声音がまるっきり違ったのだ。


 センリの自己紹介を聞いた女性が、微笑を浮かべたまま言った。


「ふふっ、やはりそうでしたか。理事長から話は聞いています。 私はこの学生寮の寮長を勤めている、カグラ・ソフィーリエと言います」


「…………」
「…………」


「はい、よろしくお願いします」


 センリは、言葉を失って呆然と佇む二人を無視して再び頭を下げた。
 だがその時、背後で二人がコソコソと密談し始める。


「……なんだこいつ……寮長を見た瞬間、急に態度変えやがったぞ?」


「うん……僕も今日ちょっとだけ見たけど、あの時とは雰囲気がまるで違う……」


「一体、何を企んでんだ? もしかしてこいつ、寮長のことが……」


「さぁ……けど一つだけ言えるのは、今のセンリが――」


「ああ――」




「「 物凄く、気持ち悪い……!! 」」




「…………」


 こいつら、後で殴る。


 そんな事を決心するが、一切表情には出さずに、今度は控え目な態度でセンリが本題へと誘導する。


「それで、あの……入寮の手続きをお願いしたいのですが……」


 センリの言葉に、カグラが笑みを絶やさずに首肯。


「ええ。私もその件で声をかけました」


「ああ、そうだったんですね。わざわざ済みませんでした。こちらから伺えば良かったのですが、学生寮ここの内装に目を奪われてしまいまして……」


「ふふっ、いいんですよ。……では失礼ですが、一応確認のため、<ステータスプレート>を拝見させて貰ってもよろしいですか?」


 そう言われ、センリは胸ポケットに入れていた<ステータスプレート>を、リリアナから貰ったケースごと、カグラに手渡した。


「……っ……!」


 それに、少しだけ驚いた様子を見せるカグラ。
 それを見てセンリが首を傾げると、カグラがこちらを真っ直ぐ見つめて言ってきた。


「……あの、良いのですか?こんなに簡単に自分の<ステータスプレート>を、会ったばかりの他人に預けて……」


「…………」


 カグラのその言葉で、思い出す。
 そういえばこのカードは、この世界で生きていく俺にとって、命の次に大切な個人情報だった。


 我ながら、この浅はか過ぎる行いに反省する。


 どうにも俺は、『センリ・ヴァンクリフ』というこの世界の俺の情報を些末に考えてしまうのだ。
 まだ自分でもどこかで、このカードの中にある情報はあくまで『センリ』の物であり、『優真』のものではない、と考えてしまっている。


 この世界での俺は『センリ』なのだから、(一時的に) この世界でに生きていくと決めた俺は、『センリ』という自分を受け入れなければならないのだ。


 しかし、一度自分から<ステータスプレート>を手渡しておいて、すぐに奪い返すというのもちょっとアレだろう。


 この機を境に『優真』から『センリ』へと完全に切り替えると心に決め、センリはカグラに言った。


「……ええ。二人に貴女の事を伺いました。とても信頼できる方だと……。 それに結局、<ステータスプレート>は入寮する際に必要なんですよね?」


「……ええ、まぁ……部屋の鍵ルームキーとして設定しなければならないので、確かに必要ではありますが……」


「でしたら構いません。俺は貴女を信用しますよ」


 そう言って、センリが微笑んだ。
 そしてカグラも再び微笑を浮かべる。


「そうですか。では、お預かりします。……すぐに設定は終わるので、少しここで待っていてくださいね?」


「はい。では、お願いします」


 センリが頭を下げると、カグラも笑みを浮かべたまま会釈し、センリの<ステータスプレート>を持ったまま、この場を立ち去った。





「勇者の魂を受け継いだ問題児」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く