5回目の転生でやっと村人に

ノベルバユーザー264123

1章〜とりあえず討伐される〜

なんかすごいことになってないか?人間。昔とは比べ物にならないくらい魔力も上がってるし、中には賢者のときと同じくらいのやつもいるぞ…。俺がいない間に進化したんだなぁ。関心関心。いや、そんなことを考えている暇などない。あと2時間ほど大軍がついてしまう。それまでに、術式を完成させないと…あーもう時間がない。これは疲れるからしたくないんだけどな。仕方がない、戦争よりましだ。

【タイム・ストップ】

俺は、エルフの魔法の神髄を放つ。時を止めたのだ。しかし、俺はその時気づいていなかった。俺以外にも停止状態で動いているものがいることを。しかしそれは仕方がない。それほどまでに疲れていた。俺はその時間を使って術式を完成させた。俺は、その魔法を放つ。

【メモリー・チェンジ】

あー疲れた。これで相手の記憶は変化した。俺を討伐しに来たのでは無く。俺のことを様子見しに来たことにした。討伐と様子見これでは意味が大きく違う。こうして俺はピンチを切り抜けたのだった。

「5回目の転生でやっと村人に」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く