5回目の転生でやっと村人に

ノベルバユーザー264123

1章〜とりあえず林業する〜

「うん、俺に農業は向いてない。」

ここ数日の生活でわかった。
効率重視の俺には少しづつやる農業がわからないのだ。
と言う訳で効率重視の方がいい村人の仕事…あ!

「林業やろう!」

我ながら天才かな?林業なら効率いいほうがいい。よし!俺に向いている林業をやろう!

よし、それじゃあやりますか。
俺は魔霧の森にやってきた。ここは魔物が多くて危ないのだが、前に作った国が魔物がりしているか、魔物が減っているのだ。嬉しい誤算だ。

「うん、ここらへんやろう。」

そう言うと俺は早速手に斧を持って、呪文を唱える。
【ボディ・プロテクト】
これで俺の体がとても強くなったので木を切る。

「ずがーーーん」

あ、やっちゃったかも…
そう思った時にはもう遅かった。
あたり一面更地になっていた。
昔、冒険者に恐れられ。開拓など無理だと、言われていた森。その森の一部を開拓してしまったのだ。

『特異者を確認。観察を開始する。』

ん?今なんか言ったか?周りを見渡すが誰もいない。気のせいか。
だがどうしたことか…絶対目立つぞこれ。逃げるか…

あれ?でも今スリル感じてない?ピンチじゃね?ってことは、目的にはあってる。『特異転生』の効果なのかな?あーこんなこと願わなきゃよかった。

「5回目の転生でやっと村人に」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く