5回目の転生でやっと村人に

ノベルバユーザー264123

エピローグ〜国作り〜

とまぁ100年暇だから、
国作ろうと思う。

「じゃあ今から国を作ります!」
「ホワイトとブラックは国をうまく治めてね。ルビーは狂人喜劇団(クレイジー・サーカス)の団長になってね。サファイアは静寂血痕団(スリープ・ブラッティー)を任せた。コクヨウには旋風破壊団(デストロイ・ハリケーン)を頼む。チタンとアルミは邪悪障壁団(デンジャー・バリア)を頼む。チタンをサポートしてくれよ、アルミ。エメラルドは光神蘇生団(ゴッド・リターン)を任せた。」
その瞬間、配下の魔王が雄叫びを上げた。その雄叫びは魔王の配下にまで届いた。

その日世界に衝撃が走った。
突如お互いを睨み合っていた魔王が国を作り始めたのだ。そしてその国には魔王の配下も集まり、総勢1000万人にもなっていた。そして、その中心には謎の少女がいたという。

その国は以後ずっと人間達とともに歩み続けたという。

「よし、あのうるさい魔王はおいてきたし。一人旅に出るか。」
そう言うと、リテラは一人旅立った。

旅でリテラは『竜窟』と言う所に行った。
もちろん自分の竜を捕まえるためだ。

リテラは何年もその洞窟にいた。
毎日竜と戦った。

そして70年たった頃ようやく見つけた。
最強の竜『現夢竜』を。

「やっと見つけたぜ。」
「小童が我に勝てると思うなよ。」

その壮絶な闘いは5年間続いた。
負けそうになった一旦引くことを、繰り返していくうちに2人はだんだんとお互いのことを知りたくなっていった。

「小童なぜそこまで我にこだわる。」
「俺は現実を夢に。夢を現実にしたいんだ。そのためには、お前のちからが必要なんだ!」
「ならば力ずくでも、儂に勝ってみよ、もう引くようなことはしない。」
「言ったな、じゃあ一瞬本気出させてもらうぜ。」
その一瞬『竜洞』にいる生き物は現夢竜とリテラだけになった。
「まさか、ここまでとは…甘く見ておったぞ。お前はなかなか面白い、いいだろう。お前の配下になろう。」

こうして最強の竜はリテラの軍門に下った。

 

「5回目の転生でやっと村人に」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く