5回目の転生でやっと村人に

ノベルバユーザー264123

エピローグ〜2回目の転生〜

「村長久しぶり!」
99年ぶりにエルフの村に帰ってきた。

「これはこれは賢者様。いや、今は勇者様でしたな。お久しぶりでございます。」
そう言うのは若い好青年。多分村長も転生したのだろう。

「要件はわかってるな?。」
俺は悪い顔でそういう。

「はい、賢、勇者様。転生でございますね。」
「わかってるなら早い。あと、俺のことは『リテラ』って読んでくれ。」
「わかりました。リテラ様。転生の間に行きましょう。」

そして俺は転生した。
結果は…………竜騎師(ドラゴン・ナイト)でした。

ついでに手下の魔王も勇者になって覚えた【手下強化】で【タイム・リバース】を覚えさせたから、転生させた。結果は………やばい

まずもともとは3番目に強かったルビーが『狂戦師(バーサーカー)』に
4番目のサファイアは『人殺師(ヒューマン・スレイヤー)』に、
7番目のエメラルドは『蘇生師(ポーション・マスター)』
8番目のブラックと9番目ホワイトは兄弟揃って『陰陽師』に
10番目のチタンは『防壁師』
11番目のアルミは『閃光師』
最後の一人、魔王では最強のコクヨウはなんと『破壊師』を職業にしていた。…………怖すぎる。

あと100年またなんかやって暇潰すか…



「5回目の転生でやっと村人に」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く