5回目の転生でやっと村人に

ノベルバユーザー264123

エピローグ〜強すぎる勇者〜

「…さま。…ん者様。賢者様。」
そう言って来たのは村長だ。
「お目覚めになられて、良かったですぞ。まれに失敗することもございますので失敗したかと、思っておりました。」
え、マジかよ。失敗するかもとか初耳だぞ。まぁ成功したからいいんだけど。

「あれ?」
俺は違和感を覚える。
目線が低いのだ。 
さっきまで同じくらいだった、村長がとても高く見える。

「なぁ、村長。俺の体小さくなってないか?」
そう疑問をぶつける。
すると、
「鏡を見てください。賢者様。」
「おう、わかった。」

「な、何じゃこりゃぁぁぁ。」
なんとあのかっこよかった、俺の姿じゃないのである。しかも、身長は5、6歳ぐらいしかない。
まぁ転生したんだし仕方ないか。
よし、次は職業の確認だ。協会のシスターの【神のお告げ】模写しといて良かったー。

それじゃ、こうだっけ?
「神よ、私リテラに職業を与えてください。」
その瞬間、あたりに光が射した。
あ、これは…
『リテラよ神である我が職業を与えてやろう。汝の職業は勇者である。』
ですよね~。

いや俺は別に世界救いたいわけじゃないんだよ。

「村長、もう一度転生できるか?」
「できますが、次まで転生には100年待たなければなりません。乱用すると、とんでもないことになってしまうのです。」

なんだまた我慢しなきゃ行けないのかよ。仕方ねぇな世界救ってくるか。

5年後突如現れた勇者が
世界に12人いる魔王のうち4人を倒し
残りの8人を仲間にした。

「5回目の転生でやっと村人に」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く