5回目の転生でやっと村人に

ノベルバユーザー264123

エピローグ〜エルフの村〜

「しーーーーーーん」
 エルフの集落の様子をあらわすのにこれほどふさわしい言葉はないと思う。
 それほどまでにこの集落は静かなのだ。
 家はボロボロで人が住んでいる気配は無い。
 普通の人なら滅んだか移住したと思うだろう。

 しかし俺の目は騙せない
【リリース・マジック】
 この一言を言っただけで町を覆っていた幻覚魔法が溶けた。
 今までの静かな村と異なり、もう鼓膜が破けそうなくらい、どんちゃん騒ぎしている。
 騒いでいる奴らの話を聞くに、この罠を突破できた人は200年前が最後だったらしい。
 そんなこともあって今俺はとても歓迎されている。

 村長のようなヒト(この場合はエルフかな?)がよってきた。

「これはこれは、旅のお方。はるばるこんなエルフの集落までおいでくださって。」
「あ、どうも。」
「旅のお方わかっていますぞ。目的は転生じゃろ?」

 そう言うと村長は顔をしかめた。10秒ほど見つめると、また顔をもとの優しい顔に戻した。

「残念じゃったな。転生には儂らの種族特有スキル【タイム・リバース】が必要なんじゃよ。」

 そう、残念そうに村長は言う。
 しかし俺には【完全模写】がある。

「村長、俺のスキルはあらゆるものを完璧に戻すんだ。そう、たとえそれが【スキル】だとしても。」

 そう言って俺は村長の姿になる。
 俺のスキルは人の姿も模写できるんだ。

「ほ、ほ、強き御方よいいでしょう。では転生をします。誰か転生したいものはおるか?」
「村長様、私あと少しで寿命がなくなりますの。転生してもよろしいですか?」
「よろしい。シエンでは転生の間へ。」

 俺と村長、村人のシエンは転生の間へと行った。
 儀式はとても神々しくきれいなものだった。
 そして俺も転生をした。



「5回目の転生でやっと村人に」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く