鬼神兄妹の世界征服

miru_

④ 戀

「…俺…、まさか……ッッ…!!!」
俺の心臓が、またドクドクと激しく脈打ち始める。 
………この感情は、なんだ?
刃月といる時に感じるドキドキと似たような感情で、何故か少女を見ると胸がきゅっと締め付けられるような感覚に襲われ、暑くもないのに顔が火照り、身体が熱い。

…俺は、この少女を好きになっている____

それを認めたくなくて、必死に自分の感情を否定し、冷静に繕おうするが、それと逆に段々荒くなっていく呼吸。
「ふざけんな…、俺は…、刃月のことが好きなんだよ…刃月以外、誰も好きになんてならねぇんだよ!」
そう言っているうちにも、破裂しそうなくらいに激しく脈打つ俺の心臓。
「……ッッ…、なんで……だよ…ッ」
俺は胸に手を当て、荒くなる呼吸を必死で整える。
俺のプライドが、許さなかった。刃月かどうかも分からない、しかも会ったばかりの死にかけの少女に恋するなんて_____

…俺は、この感情が刃月を単純に“好き”と思う好意と同じであって欲しかった。
そこまでこだわるのにはきちんと理由があって、曖昧なものではない。

_刃月は、俺の一番大切な、可愛い可愛い自慢の妹だ。刃月とは2歳離れていて、兄妹喧嘩なんて人生で1回もしたことが無い。
そんな長い付き合いの刃月と、会ったばかりの少女。そりゃ、刃月の方が好きに決まってんだろ。なのに、なんで…

その時だ。


「…あの、少し__お暇を頂いても…?」

そこには、俺より少し歳上ぐらいの女が立っていた。

「鬼神兄妹の世界征服」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く