鬼神兄妹の世界征服

miru_

①絶望




「…う…ッッ、痛ってぇ…」
激しい頭痛が頭を襲い、全身の骨が折れるくらいの激痛に呻き声をあげながら、俺は体をゆっくりと起こす。
「ここ…何処だ…??…俺の家の近所である事は間違い無いと思うが…」
俺はキョロキョロと辺りを見回し、誰か人がいないか確認する。だが、誰もいないようだ。
…その時、何かすごく大事な事を忘れているような気がした。

「…ッッッ!!!!!!刃月ッ!?…刃月ッッッッッ!!!!!!」
…そうだ、俺の大事な大事な妹だ。俺は刃月の姿を探した。まだ、まだ近くにいるはずだ。地面を見ると、焼けた跡や、血塗れになって倒れている人がゴロゴロいる。普通ならビックリして腰を抜かす……っていうシーンだが、俺はそんな光景なんかにはビクともしない。怖気ずに前へ、前へと進む。
刃月を探しながら、つい先程までの事を思い出す。一緒に下校していて、家のドアを開ける寸前でなにか・・・が起こった。何かが爆発したような、爆弾が思い切り落ちてきて、バァァァァン!!!!!!と破裂したような……。
「一体、何が起こってるんだよ…意味わかんねぇ、天皇何してんだよマジ」
もしかしたら…と、嫌な予感が襲った。
「いや、天に召されてはないだろ。俺を残して死ぬのは刃月のガラじゃない」
そう言いきれるのは、刃月が強度のヤンデレだからだ。俺の事が大好きで、たまに拘束されたものだ。(たまにね、たまに。)
だが、拘束なんて甘いもので、ナイフを向けられたこともある。だから、俺はこの目の前の地獄絵図にもビクともしないのだ。
でも、俺は刃月を怖いと思った事も無いし、刃月から逃げようと思った事すら無い。
刃月が心の底から好きなのだ。
「いや、マジでふざけんなよ…俺の刃月を何処へやったんだよ…殺すぞ…」

「鬼神兄妹の世界征服」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く