ReBirth 上位世界から下位世界へ 外伝集

小林誉

外伝 古の勇者①

エスト達が戦った『邪神戦争』から遡る事数千年。当時のアーカディア大陸は魔族や邪神と言ったものが存在せず、あらゆる種族がいくつもの国で生活する混沌とした時代だった。この世界の創造主であるグリトニル神はありとあらゆる種族に恩恵を与え、人々は大きな争いを起こす事無く、幸せに暮らしていた。


だがある日、グリトニル神の片腕とも呼ぶべき神が自らの配下と共に反旗を翻し、主神であるグリトニル神を五つに分割して封印してしまう。彼が何の目的で主神に害を及ぼしたのか、理由は誰もわからない。自分が主神の座に収まりたかったとか、ただグリトニル神のやり方が気に入らなかったとか、憶測はいくつもできたが確かめようがなかったのだ。


そんな神同士の争いは、当然大陸で生きる全ての生命達に影響を及ぼした。まず邪神の呼びかけに応じた者達の姿が突然変化したのだ。人族、妖精族、獣人、動物。邪神に与した人や亜人は種族の差異なく全て青い肌になり、今までとは比べ物にならない程の魔力と強靭な肉体を手に入れた。動物達は本来の姿からかけ離れた異形の姿となり、その強力な力と引き換えに完全に自我を無くしてしまう。魔族と魔物の誕生である。その新たな力を得て彼等が行った事は、隣人の変化に狼狽える人々への攻撃であった。


突然力を手に入れた事で浮かれていたのか、それとも邪神の影響で凶暴性が増したのかはわからない。ただ確かなのは、彼等は欲望の赴くまま好き放題他者に対して危害を加えたと言う事だ。奪い、犯し、殺す。アーカディア大陸のあちこちで、人々が苦しみ涙する、この世の地獄とも言える光景が繰り広げられた。


しかし、人族をはじめとする各種族はいつまでもやられっぱなしではいなかった。いくつか滅ぼされた国々の住民が他国に流れ込み、魔族に対抗しようと軍隊を組織していく。だが数で勝るはずの彼等は何度戦いを挑もうと力を増した魔族と魔物達に蹴散らされ、次々に敗戦を重ねていく。あまりの戦況に絶望した人々は封じられたグリトニル神に祈りを捧げ、ただただ救いを求め続けた。


グリトニル神とて創造主。不意を突かれて力を奪われたとはいえ、完全に無力になった訳では無い。自らの愛すべき生命達の願いに応えるべく、彼女は己の残った力全てを武器や防具に宿らせた後、ある一つの穴をあける。


穴。グリトニル神の創造したこの世界と、更に上位の世界とをつなげる小さな穴だ。このアーカディア世界だけに限定される訳では無く、無数にある世界の内、上位世界の人間が下位世界に落ちて来た時、信じられないような能力を発揮する事があるのだ。そのシステムを利用して、この世界の管理者であるグリトニルは一か八かの賭けに出たのだ。穴をあけたところで、必ず上位世界の人間が落ちて来る保証はない。その上落ちてきた人間が正しい心を持っている保証もない。もし悪人であれば、魔族達に加担して更に人々を迫害する恐れすらあった。それでも他に手立ての無かった彼女は、無謀と思いつつも穴をあけた。


穴をあけてから数か月の月日が経った。その間魔族達は勢いを増し、必死で抵抗する人々は力及ばず次々と殺されていく。グリトニル神の意思を宿す装備を身に着けた一部の猛者のおかげで何とか持ちこたえているものの、大陸全てが邪神とその眷属達に落とされるのも時間の問題かに思えた。このままでは抵抗虚しく、老若男女関係なく殺されてしまう。誰もがそう絶望しかけたその時、待ちに待った人物が上位世界から落ちてきた。


男の名はヨシフル。鷹のような鋭い目つきのその男は、この世界に落ちてきた瞬間魔物の集団に囲まれると言う絶体絶命の状況に放り出されたのだが、驚くべき事に素手で魔物達と互角以上に戦い始めたのだ。しかしいくら上位世界の人間とは言え人間一人に出来る事は限界がある。魔物を討伐する為動いていた軍隊が奮戦する彼を発見して救出しなければ、恐らくそのまま死んでいた事だろう。


当初ヨシフルは自分の置かれた環境や立場に随分戸惑った。無理もないだろう。いきなり別の世界から連れて来られ、周りの人間が自分の事を神の使いだ、救世主だと言って助けを求めてくるのだ。思慮深い彼は幾人もの人々の話に根気よく耳を傾け、自分なりに解釈して状況把握に努めた後、静かに口を開く。


「事情は何となく理解できた。この世界の人々がどんな状況にあるのか、なぜ俺がここに居るのか、なぜ戦う力を得ているのかを。命を助けてくれた恩もあるし、義を見てせざるは勇無きなりとも言う。俺で良ければ力を貸そう」


その言葉に歓喜した人々は、グリトニル神の意思を宿した装備を全て彼に与えると、彼が強くなるための準備に取り掛かった。手ごろな魔物やダンジョンの探索、彼の為だけにあつらえた防具など、彼の力になる事ならなんでもやった。多くの犠牲を払いながら時間を稼ぎ、人々が大陸の南まで追い詰められた時、いよいよヨシフル達勇者の反撃が始まったのだった。


ヨシフルと言う男は個人としての戦闘力も常人と比較にならない程強力だったが、一番優れていたのは指揮官としての能力だ。彼は無計画に数を集めて戦いに挑む人々を止め、自分の指揮で動くように命令する。まず彼の行った事は種族による専門の兵科を作る事だった。例えばドワーフなら突撃専門の近接部隊。エルフなら弓を用いた遠距離攻撃部隊。身軽で攻撃力の高い獣人を集めた後方撹乱部隊や、騎馬や翼竜を集めた機動部隊などの構築だ。それまで種族も武器もバラバラで戦っていたアーカディア大陸の人々は、ヨシフルの教えで初めて戦らしい戦を始める事が出来たのだった。当然だろう。魔族達が現れるまでは大きな戦争もなく、戦術や戦略を研究する必要も無かったのだから。


ともかく、ヨシフルの指揮の下反撃を開始した人間と亜人間の連合軍は、数で勝る魔族や魔物達相手に戦いを挑み、初めて勝利する事が出来た。完勝である。いつものように無造作に襲い掛かって来る敵の集団の侵攻を、人間を主とする騎士団の壁で受け止めつつ、左右に展開した機動部隊で包囲して一斉攻撃に移る。目の前には人間の騎士、そのそ外側からはエルフ達の長距離射撃、いつもと違う人間達の戦い方に戸惑っている内に魔族も魔物も次第に数を減らしていき、気がつけば逃げ場も無いような状況に追い詰められていた。慌てた生き残りが後方目がけて一気に押し寄せ、囲みを破って逃げ延びたと安心しきったその時、彼等の横から完全武装したドワーフの一団が襲い掛かる。


全身を鋼鉄の鎧で覆い、自分の身長程ある巨大な斧を振り回すドワーフの集団は猛威を振るい、弱っていた魔族や魔物達を次々に打倒していった。それでもあきらめずに逃げ延びた生き残りに対して、今度は待ち伏せていた獣人達が襲い掛かる。息も絶え絶えの状態の魔族達にそれを防ぐ手段などなく、なす術もなく殲滅されて行くのだった。


この勝利に追い詰められていた人々は沸き上がった。ついに自分達が勝ったと。魔族達に一泡吹かせてやったと。この勝利に触発され、諦めかけていた人々は武器を手に続々と立ちあがる。勇者に続けと。彼と共に戦えば、必ず勝利を掴めると信じて。


こうして、アーカディア大陸の戦況は大きく変化していく事になったのだった。

「ReBirth 上位世界から下位世界へ 外伝集」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く