話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

~転生した元サラリーマンのテイマー生活~最高のテイマーを目指して

ノベルバユーザー263389

「ここまでで大丈夫だよタケルさん」


「そうか?」


「あと2分も歩けば町だからね。これ報酬の600ゴルドね」


「確かに頂いた」


「ガァァ!」


「それじゃまたね」


「おうまた何処かで!」




「あれが町か!」


「グラァ!」


「だいぶゴブリンの角も魔石集まったし売りたいな」


門があり門では誰も並んでなかった。
俺が門に入ろうとするといきなり門の中からおっさんがハンマーを持ってこっちに向かって来た。






「おい坊主そいつお前さんの従魔だろ?」


「そうですけど?」


「おいなら首輪付け忘れてるぞ?」


「首輪?」


「知らんのか?
従魔には首輪を付けたかないといけないぞ?
これやるから付けろや」


「付けたが?」


「なら通れ」


変なおっさんだな・・・首輪はわかるが凄い力を感じた。

「~転生した元サラリーマンのテイマー生活~最高のテイマーを目指して」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く