転生したけど記憶がないようです

haruhi8128

12話

「やっぱりユウト様を騙そうなんて無理でしたか……」
「これに懲りたらもうするなよ。まさか他にも仕込んでるなんてことないよな?」

一応確認を取るが、

「は、はい。たぶんもうしてなかったはず……!」

どうせ覚えてないだけでまだあるんだろうな。


「シルエラ様、先ほどからユウトのことを敬称付けで呼んでおりますが、それと今回の結果に関係が……?」

いち早く放心から解けた村長が聞く。
関係も何も……。

「私が《時渡タイム・リープ》をする前の時代、私には師匠であり、パーティーメンバーである人がいました」
「存じております。---様でしょう」
「そうです。ユウト様はーーー様の転生したお姿なのです」
「は?」
「いやいや、いくらシルエラ様でもそれは冗談でしょう……」

騒ぎかけたみんながすぐにシルの真剣な顔を見て黙る。
俺から説得できなかったらお仕置きだと宣告されているので今回のシルはマジだ。
文字通り命がけのような心意気で臨んでるからな。

「は! ありえねーだろ! こいつ俺が何してもやり返してこねーんだぞ!」

村長の長男が騒ぎ出した。
いや、俺が事実を明かした今、一人息子か。

「見とけよ!」

そういってこちらに殴りかかってくる。
脅威にならないから放っておいただけなんだけどな。
俺の本気を知ってるシルはその様子を見て本気で青ざめてるし。
世界がこれから終わるみたいな顔してるぞ。

「失敬な」

そう言いながら俺は長男をひょいと避ける。

「そこまで俺も大人げなくないぞ」
「いや、ユウト様今子供ですから」

確かに。


「じゃあ容赦しなくていいな」
「あ、それはちょっとどうかと……」

シルが言い終わる前にめげずに殴りかかってきた少年(14)の額をちょいと押す。

ガシャーーーーン!!!

家の壁を突き破って飛んでいく。

「大丈夫。防護壁は張ってたから命に別状はない。派手に見えておそらく怪我もしてない。壁も直すから」

絶句しているみんなに説明しながら《無限創造》で家の壁を想像し、修復する。

「いや、そういうことじゃないと思いますよ?」

シルがためらいがちに言ってくるが、

「なんでだ? 殴りかかってきたのは向こうだし、損害はゼロだぞ?」
「いえ、そうですね。(説明しようとした)私が間違っていました……」

そうだろ?


「こんな感じでいろいろめちゃくちゃなので気を付けてください」

また失敬な。

「いえ、今思えば片鱗はそこかしこにあったような……」

む、あったか?
うまく隠してたつもりだったけどな。

「しかし、---様と言うなら話が早くなる。お願いしますーーー様! どうかキィラを救ってください!」

ふむ。

「間違えるな。。そしてキィラは大切な幼馴染。助けるなと言われても助ける」

一同がほっとしたような表情になる。


そうと決まれば……。

「ランドール」
「ここに」
「何名集まった」
「申し訳ありません。未だ10名程です……」
「十分だ」

ランドールに《思念》で昔の魔族を集めるように指示していたのだ。

「どうせだ。派手に行こう」


「転生したけど記憶がないようです」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く