転生したけど記憶がないようです

haruhi8128

8話

「では遠慮なく」

ランドールが仕掛ける。


ガガンッ!!
さっき《無限の死デス・マーチ》を俺が防いだのをみて、物理攻撃を試したらしい。
だが、俺の身体防御を貫通できない。右手で十分だ。

「防御力はおありなようで」
「まぁ少なくともお前の攻撃を通さないくらいにはな」


このまま前の俺の力を使い続けても難なく勝てるだろうけど……。
折角だからな。《創造》の力も試したいし。

「《創造》ダイナマイト」

本来掘削用に作られたものだが、火薬を利用しているということもあり、武器になりうる。


更に、俺の《創造》は俺のイメージしたものを出すようになっている。
だから既に爆発寸前のダイナマイトを出してみた。

「な!?」

ランドールが急いで身体防御の魔力を高める。


ドォォォォンンン!!!!
洞窟がまるごと吹き飛びそうな威力だ。流石に出しすぎたか?
一応俺が守っておいたのだが、プリュムは綺麗だと思ってるだけみたいだが、シルなんかガチ泣きだ。

「やっぱり一番ヤバイのユウトさんですよー!」

……。なんかすまん。


「はぁっはぁっはぁっ」

息も絶え絶えにランドールが姿を表す。
あ、生きてたか。流石だな。

「な、なんなんですか?そのスキルは。この私が見たことがないようですが……?」

「あ? これは《創造》だ。見たことなくて当たり前だ。俺の特有ユニークだからな」

「特有ですと……?」

お、そろそろ信じるか?

「いや、いかに能力が優れていてもそれが◯◯◯様ということにはならない!」

まだかよ……。そろそろ諦めろよ……。


はぁ。もういい。

「わかったから。証明するって」
「ほう? 先程はしなかったのにですか?」

《創造》を試したかっただけだからな。

「《無限の死》」

ランドールの数倍の強制力を持った俺の魔法がランドールを襲う。


「が、あぁぁーー!」

少々抵抗レジストしたようだが、無駄だ。魔力量が違いすぎる。

「が、あ、……」

ドサッ。
ランドールの体が地に落ちる。


「勝ったんですかー?」

びくびくしながらシルがでてくる。

「そんな怯えなくてもそこに倒れてるだろ?」
「いやーどっちかと言うとユウト様の方が怖いですー」

あ、そっちね。


「パパ、凄い! パパ、強い!」

プリュムは興奮しているようだ。

「ほらお前もこれを見習えって」
「そんなつもりは毛頭ありませんよ……。こんな事態に慣れたくないですもん」

まぁ一理ある。


「お前ら下がってろ。そいつ起こすから」

シルがプリュムを抱えて陰へ隠れる。

「《無限の死》解除」

ランドールがゆっくりと体を起こす。

「どうだ? これでも信じないか?」

《威圧》を込めながら再度きく。

「この魔力、そして私ですら遥か及ばない悪魔系統の魔法……。本当に◯◯◯様なのですか?」


やっとか。

「今はユウトを名乗っている」
「わかりました。ユウト様。大変失礼な真似を致しました」
「いい。それより今のこの世界のことを教えてもらえるか」
「御意」

「転生したけど記憶がないようです」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く