転生したけど記憶がないようです

haruhi8128

プロローグ

俺はユウト。ごく普通の家庭に生まれた現在9歳の男の子だ。
なぜこのようなことを唐突に言っているのかというと、自分のスキルの意味が分かったからだ。
この世にはそれぞれに固有のスキルというものがあり、王様だろうが泥棒だろうがなにかしら持っている。そのバリエーションはかなり多く、火や水を操るような多くの人に見られるものや職業ジョブを割り振られるようなこともある。

ここで俺のスキルを発表しよう。
ずばり《転生》だ。まあスキル名から察するに俺は前に死んで、今生まれ変わっているということになるのだが、前世の記憶は欠けている部分がある。
というのも俺には生まれた当初から言語や一般常識の知識があった。つまり前世で得たものは持っていたということだ。だが、このスキルには大きな欠点がある。それは
《転生》なんてかなり都合のいいスキルにそううまく人生いきさせてやらねーよということだろう。

《転生》はおそらく1代目の俺のスキルだったのだろう。《転生》には1つ注意点があり、それは2代目以降の俺は自分の好きなスキルを選べるということらしいのだ。
そして俺にはいま10個のスキルがあるが、俺はまだスキルを選んでいない。つまり俺は11代目の俺ということらしい。ややこしいなこれ。

《転生》《勇者》《賢者》《盗賊シーフ》《大賢者》
《魔王》《召喚術者》《狩人》《聖騎士》《農夫》
これが俺のスキルだ。恐らく前に書いてあるものから前の俺が選んだ順なのだろうが、賢者のあとの盗賊や、大賢者のあとの魔王などはさぞかしみなさまにご迷惑をおかけしたのだろう。俺代表としてお詫び申し上げたい。農夫はどうして選んだのか謎だが、あれだけの職業を経たあとならかなり有能な人であっただろう。

これらのスキルは教会で信託を聞くことによりわかるのだが、通常スキルは1人1つなので俺はどうみても異常だ。ときどき“未確定”の人もいるようなので今はそれでごまかしているのだが、来週に控えている10歳の誕生日にもう一度教会で信託を聞き、スキルを得ることになっている。それまでには決断しておかなければならないのだが、なかなか決められないでいる。

これはそんなときに俺に訪れた転機によって、俺が1つの国家を築きあげる物語……。



「転生したけど記憶がないようです」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く