ゲームの中に入ちゃた!?

あっちゃん

第3話ゆかいな町の人達

歩いて行くと。酒場が見えてきた。するとアトリアが

「あっ、酒場だ。琉聖行こ。」
「えっ、でも俺未成年だぜ。大丈夫なのか。」
「大丈夫。私だって未成年なんだから。ここは色んな、冒険者が集まる場所なの。」

そう言って、アトリアは入った。俺もおそるおそる入った。

「いらっしゃい!おっ、新人か?」
「はい、そうです。」

俺達の方へ、一人の男がやって来た。見た感じ経験者のようだ。

「よう、お前ら名前は何て言うんだ?」
「私はアトリアです。それで、こっちが、琉聖。」
「俺はゲンマだ。よろしく。お前らこれから冒険か?それならこれを持って行くといい。」

そう言ってゲンマさんは薬草をくれた。冒険の始まりは絶対薬草もらうよな。

「ありがとうございます。冒険頑張ります!」

アトリアちゃんは、そういった。そして、俺を見てにっこりした。

「アトリアちゃん、もう行くの?」
「えっ、まだいたいんですか?居たいならまだいますよ。」

俺は、こちらを見ている男が気になった。彼は一人らしい。不気味な雰囲気をただよわせている。

「アトリアちゃん、あの人こっち見てるよ。知ってるか?」
「さあ、知らない。まあ、行きましょう♪」

そう言えば、この世界には魔王がいるのか?それを倒せばこの世界を抜けられるのか?まあ、このままこの世界にいても良いけど。

「アトリアちゃん、魔王てっいるの?」
「いるよ。それを倒すのがこの冒険の目標だね。それじゃ、サイロ平原に行こ。」

サイロ平原かけっこういい名前だな。俺たちはサイショウの町を出た。俺たちの冒険が本格的に始まった。

無事に魔王を倒すことができるのか。最後まで見逃せない!

今回出てきた人
ゲンマ

「ゲームの中に入ちゃた!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「冒険」の人気作品

コメント

コメントを書く