ゲームの中に入ちゃた!?

あっちゃん

第2話町に行こう!

「まだ着かないの。俺疲れた。」
「もうちょいでつくから我慢して」

今俺達は町へと向かっている。

「町の名前てっ何なの?」
「えーと、サイショウの町です。ここから冒険者達が旅立つんですよ。」

あーよくある名前、最初か。

「じゃあ俺そこに行ったら職業もらえるのか。」
「たぶんもらえる。」

前を見ると建物が見えてきた。

「町に着きましたね。さあ早く職業をもらいに行きましょ。」
「ああ、行こう。」

歩いていると大きな建物が見えてきた。教会か。

「神父さん、こんにちわです。」
「おお、アトリアよ。よく来たな。そなたはアトリアの仲間か見たところによると職業がなさそうだが。」
「俺、琉聖てっ言います。職業をもらいに来ました。」

神父さんは俺のことをじっと見たあとこう言った。

「いいだろう、職業をあたえよう。何の職業につきたいかな。」

俺は、剣士の方がいいのかな。アトリアちゃんが魔法使いだし。

「えっと、剣士になりたいです。」
「いいだろう、では剣士の称号をあたえよう。」
「よかったね。琉聖。」

本格的に冒険のスタートだ!俺達は町で装備品を買うことにした。

「まずは、あの店に行こう。あっ、琉聖さっきもらった、お金を使うといいよ。」
「おう、ありがとう。アトリアちゃん。」

まず、俺達は武器屋に行った。

「いらっしゃい!お、新人の冒険者かな。それなら、これがいいだろう。」

そう言って差し出してきたのは銅の剣だった。確かに、ゲームの最初はこんな武器ばっかだったな。

「それとこの盾だな。えっと合計で800$だ。毎度あり。」
「無事に買えたね。後は装備品だね。」

俺達は装備品を買いに行った。

「いらっしゃいませ。なにをお求めですか。」
「えっと、バンダナと村人の服で」

アトリアちゃんが頼んでくれた。やっぱりアトリアちゃんはやさしい女神様だー。

「合計で700$です。ありがとうございました。」
「よし、無事に必要な物が買えたね。」

俺達は、町を少し歩くことにした。

どんな人達に会うのでしょう。楽しみですね。

今回買った物
銅の剣
?の盾
バンダナ
村人の服
計1500$

今いる町
サイショウの町

「ゲームの中に入ちゃた!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「冒険」の人気作品

コメント

コメントを書く