話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

落ちこぼれの冒険者だけど、地上最強の生き物と共に最強を目指すことになりました。

矢代大介

第9話 街道にて


***


「お待たせ。じゃ、行こう?」
「その前にこれを着てくださいお願いします」

 差し出された外套を受け取って、白髪の少女、ことアスセナは、トーヤのことを不思議そうに眺めながら、いそいそと外套に袖を通す。当のトーヤは、首の可動域を限界まで酷使して、全精神力を持ってアスセナから顔をそむける……という、なんとも珍妙な技を披露していた。

 トーヤとアスセナが空へと繰り出し、森の近郊にある町へと進路を取ってから、わずか30分ほど。地上を進むよりもはるかに短い時間を経て、二人は目的地である町の近郊にある、コルシャの森の一角へと着陸した。
 森の中に降り立ったのは、何も伊達や酔狂というわけではない。ドラゴンという存在が人の目に触れれば大騒ぎになるため、それを避けるべく視認されにくい森の中へと紛れ込んだのだ。

「……町に入る前に、なんとかしてセナの服を調達したいところなんだけどなぁ」
「どうして? 私、このままでも大丈夫だけど」
「俺と世間が大丈夫じゃないんです」

 男の性ゆえか、引きはがそうとしても吸い寄せられる視線の先で、アスセナがこてんと首をかしげる。ひらひらはためいて心もとない外套の下は、下着もつけない素っ裸……という、色んな意味で危なっかしいそのいでたちを見て、トーヤは盛大にため息をついた。
 現在のトーヤ達を傍から見る人間が居れば、間違いなく「後ろめたい過去を持つ人間」として見ているのは間違いないだろう。
 なにせ、「剣とわずかな持ち物だけで歩く文無しの少年」と、「服すら纏っていない年端もいかない少女」という組み合わせだ。これを不審に思わなければ、何を不審に思うのだろう。

「それに、セナは身分も保証されてないからなぁ。まずは冒険者組合に登録して、最低限の身分を得ないとな」
「ん……でも、どうするの?」
「簡単だよ。今言った通り、冒険者組合に登録して、試験を受ければいいんだ」

 この世界における身分の保証というのは、大まかに分けて二つある。トーヤが目的としているのは、そのうちの一つである「冒険者」としての身分だった。
 もう片方の国から保証される身分とは違って、冒険者は国境越えの際の課税や、国による保護を受けられないなどの様々な制約がある代わりに、国へ仕える義務を持たない。更に、発行元である冒険者組合は各国の承認を得て全世界に支部を置いているため、支部が存在する地域であれば、最低限であれど身分の保証が成されるという、大きな利点があるのだ。
 そして最大の特徴として、その取得が非常に容易ということが挙げられる。国に対する納税の義務や、国内への一定期間の滞在と言った制約がある国からの身分に対して、冒険者組合発光の身分証が必要とするのは「冒険者組合への登録」と「冒険者としての活動の義務」のみなのだ。むろん、登録に際しても犯罪歴や人格のチェックなどが行われるが、それさえ突破できれば容易に身分の証明が可能となることから、トーヤやアスセナのような根無しには、うってつけの制度なのである。

「……というわけで、俺たちみたいな存在の大半は、冒険者として組合に身分を保証してもらってるんだ。わかったか?」
「ん、納得。……でも、私でも冒険者、なれる?」
「多分大丈夫だよ。旅の中で生まれた俺だって、最初はセナみたいな世間知らずのお子様だったんだ。いざとなれば俺から推薦するっていう手もないこともないし、なんとかなるよ」

 そんな会話を交わしながら、トーヤとアスセナは森を抜け、街道へ続く草原を歩き続けていった。


***


「……?」

 コルシャの森を抜けてしばらく歩き、ようやく街道に差し掛かった、その矢先。
 不意に何かを見つけたらしいアスセナが足を止めたのを受けて、トーヤもまた足を止めた。

「セナ、どうした?」
「向こう。……人の気配と、魔物の気配がする」

 アスセナが指し示す先には、先へと続く街道に影を差す、小さな何か。遠すぎて、トーヤにはそれが何か分からなかったが、隣にいる少女の言葉を借りるならば、そこには人と魔物が居るらしい。

「魔物……あぁ、もしかすると従魔ペットかもな。人と一緒に暮らす魔物も、結構いるんだよ」

 アスセナの感じた気配の正体を推測して、トーヤは説明する。従魔、という言葉で思い出される、昔なじみの姉貴分エヴァの顔を思い出して、トーヤは微苦笑を浮かべていた。

「従魔……ううん、違う。この感じは、共生してる生き物の気配じゃない」
「んなっ――――」

 しかしそんなトーヤの表情は、続くアスセナの言葉で凍り付く。彼女の言葉はとどのつまり、あの場で誰かが魔物に襲われているということの、紛れもない証左だった。

「それを早く言ってくれよ! ――とにかく、助けに行くぞ!」
「ん、わかった。この身体でどう戦えるか、知っておきたい」

 命の危機を告げられて焦るトーヤと、その性格がなせる業なのか、はたまた種としての目線の違い故か、淡々とした様子のアスセナ。
 対照的な反応を見せながら、二人はアスセナが指さした方角へと急いだ。


***



『ギギィィーーーーッ!!』
「うひゃああぁぁ!! だっ、誰か助けてくれーー!!!」

 走るにつれて、遠く小さな影はどんどんとその姿を明瞭にしていく。同時に、魔物と人影の放つ声も、はっきりと聞こえるようになっていった。
 一台の幌つき馬車を囲うようにして、いくつもの小さな影が周囲を取り巻いている。何かしらの攻撃手段を持っているのだろう、小さな影からは時折軽快な炸裂音が響き渡っていた。

「あれは……ウィップラットか!」

 その、小さな影の正体に、トーヤは心当たりがあった。

「ウィップラット?」
「馬車を襲ってる魔物のことだよ! 周りにいる、あの小さなネズミ達だ!」

 ウィップラット。通常の成人男性の腰ほどもある大きな体躯を持ち、長くしなやかな尻尾を鞭のように操り、時にはそこに魔力を乗せて破壊力を上乗せした、いわば「戦技アーツモドキ」を繰り出してくることからその名を付けられた、巨大なネズミ型の魔物である。
 肉食であるがゆえに人間を襲う凶暴性を持つことに加え、常に群れているため数の不利と戦わなければならない……という厄介な性質を持っているのが、最大の特徴と言えた。
 魔物のことを知らないアスセナに説明を交えながら、なおもトーヤは走る。鞘に納めていた一振りの剣に手をかけ、音高く抜刀したトーヤは、草原を駆け抜けながら隣で並走するアスセナに指示を飛ばした。

「先に突っ込む! セナ、無理しない程度に戦ってくれ!」
「ん、わかった!」 

 頷いたのを確認して、トーヤは奇襲のためにさらなる増速をかける。長年の旅と冒険者家業によって培った脚力は、彼我の距離を瞬く間に詰めていった。

「――食らえ、召雷魔法タラニス!!」

 そのまま、トーヤの口が魔法を行使するための呪文を詠うと、真っ直ぐに掲げられた彼の手から、紫色の稲妻が迸る。
 光の矢と錯覚するほど鋭い紫電は、音さえも置き去りにしそうなほどの速度でウィップラットの一体に突き刺さり、その体躯を焼き焦がした。

「はああぁぁっ!!」

 突然の電撃が飛来したことを受けて、その場にいた全ての生き物が動きを止める。その隙をついたトーヤは、すれ違いざまにもう一体のウィップラットを両断した。
 銀閃の迸る快音を響かせ、地面を滑りながらトーヤが停止すると、そこでようやく事態を察知したウィップラットが、一様にトーヤを注視する。ギィギィと鳴き声を鳴らし、その鞭のような尻尾を揺らめかせながら威嚇するウィップラット達だったが、その背後から迫る少女の存在には、全く気付かなかったらしい。

「――ふっ」

 はたから見れば、軽く息を吐いただけの、そのしぐさ。しかし、少女の吐息は瞬く間に魔力の渦となって膨れ上がり、直後に巨大な烈火の奔流と化した。
 空気さえも焼き焦がしそうな猛烈な炎が、ウィップラット達を襲う。気配を消していたアスセナの奇襲に気づかなったウィップラット達は、その三分の一ほどがが業火に呑まれ、灰塵かいじんと成り果てて消えていった。

「……むぅ、上手くいかない。魔力が上手く練れない」

 そこいらの魔術士には到底真似できないような芸当を疲労しつつも、しかしアスセナは不満げに口をとがらせる。
 一連の出来事で事態を察知したウィップラット達の注意は当然アスセナの方に向くが、当の本人はああでもないこうでもないと、一人魔力の練り方を模索していた。

『ギギギィッ!!』
「セナ、危ない!」

 トーヤよりも脅威度が高いと判断したウィップラット達が、そのしなやかな尾を振りかぶり、アスセナめがけて振り下ろす。怪我を被るかもしれない、と思わず叫ぶトーヤだったが、直後にそれが全く必要のないことだと思い知ることになった。

「――はっ」

 トーヤの呼びかけに答えてか、ウィップラットの方を確認したアスセナが、力を抜いたままの腕を無造作に振るう。一見すれば無意味な行動に見えるそれはしかし、直後に魔力を孕んだ衝撃波を生み出し、迫るウィップラット達の尾を、バラバラに切り裂いて見せた。

「……ん、こっちもやりにくい。やっぱり、まだ慣れない」

 先ほどからのセリフを鑑みるに、竜の時とはやはりいろいろと勝手が違うのだろう。再び魔力を練りつつ唸り始めたアスセナを見て、トーヤは思わずのんきなもんだなぁと苦笑が漏れた。

「こりゃ、負けてられないな。――召氷魔法フェリル! 召風魔法フラカン!!」

 剣で切り付けるよりも、魔法で攻撃する方が手っ取り早いと判断したトーヤは、両の手で次々と魔法の弾丸を撃ち放つ。
 詠唱によって生み出された魔法は、その一発一発が確実に大ネズミ達に致命の一撃を浴びせていった。

召炎魔法アータル! 召雷魔法タラニス!!」

 ことわりを生み出すうたに従い、撃ち放たれた氷の礫が大ネズミの腹を貫き、風の刃がその首を落とす。続けて放たれた炎の球と雷の矢は、瞬く間に大ネズミたちを焼いた。

「やっ!」

 大ネズミ達が逃げ場を失ったその間に、華奢な足腰からは想像もつかない瞬発力で肉薄したアスセナの、技になり切っていない、しかし暴力的な魔力の衝撃波が襲い掛かる。

 結果、二人が一息つく頃には、すでに幌馬車を襲っていたネズミ達は、一匹残らず駆逐されていた。


「落ちこぼれの冒険者だけど、地上最強の生き物と共に最強を目指すことになりました。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く