話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

落ちこぼれの冒険者だけど、地上最強の生き物と共に最強を目指すことになりました。

矢代大介

第6話 彷徨い果てた先の地にて





「ハァッ……ハァッ……ハァッ……!!」

 酸素を求めて、身体が喘ぐ。新鮮な空気を取り込んで、再び身体が喘ぐ。
 極限すらとうに超えた状態で、それでもトーヤはどうにか生き延びていた。

 パニッシュ・レオーネと繰り広げた逃避行がいつまで続いたのかは、トーヤにすらわからない。途中で何度も足をもつれさせ、何度も飛んできた魔力の刃が身体を掠め、何度も振り下ろされた爪に、牙に肉を削がれ、それでも前に走った。記憶すら飛び飛びになり、身体の感覚すら喪失してしまうような状況になりながら、それでも遮二無二逃げ続けたのだ。

 いったい、どれほど走ったかもわからない。今この場所がどこであるかも全く見当がつかないし、そもそも逃げ延びられたのか、見逃してくれたのかすらもわからない。
 しかしそれ以上に、今のトーヤを支配している感情は、かの絶望的な強敵から逃げ延びたことに対する、無上の喜びだけだった。

「…………っしゃあぁぁ…………逃げ切って……やった、ぞおおぉぉぉ…………!!!」

 息も絶え絶えなままで、トーヤはガッツポーズを作る。それで最後の力を使い果たしてしまったトーヤは、そこで全身を弛緩させ、糸の切れた人形のようにその場に頽れた。





「……はっ!?」

 唐突に意識の覚醒したトーヤは、ガバリとその場で身を起こす。慌てて周囲を確認するが、そこは人の背丈を軽々凌駕する木々が乱立する、大森林の真っただ中だった。

「……居ない、よな? ……ふううぅぅ~~~~…………」

 周囲をぐるりと確認するが、恐れていた影は見当たらない。そのことを確認して、トーヤは魂まで抜け出そうなほどの、長い長いため息をついた。
 どうやら、極限まで溜まった疲労に逃げおおせたことによる安堵が重なり、意識が飛んでしまったらしい。明確に窮地を脱したわけでもないというのに、のんきに気を失ってしまったことがうかつすぎて、トーヤは頭を抱えた。

「……けど、ま。どうにか逃げられて回復もできたから、ひとまずは良しかな」

 しかし、どれほどの間かはわからずとも、気絶している間に襲撃らしい襲撃もなかったことから鑑みるに、今すぐ再び脅威にさらされるようなことは無いだろう。そう結論付けて、トーヤは改めて立ち上がり、周囲を見回した。

「問題は、ココがどこなのかってことだけど……考えるだけ無駄だろうなぁ」

 走ったルートも覚えていなければ、方角を掴むための道具も持ち合わせていない。冒険の必需品になるようなものはパーティで共用だったし、その他の雑多な道具も、乗り合わせた商人の馬車に置いてけぼりにしてしまったのである。現在のトーヤは、正しく着の身着のままの状態だった。

「まずは、どうにか脱出の手立てを考える必要があるな」

 一難去ってまた一難。気落ちしつつも、トーヤは両の手で頬を叩きつつ、当てのない森の只中を静かに移動し始めた。


***


 森に突入した時には天頂近くにあった太陽は、すでに顔を隠している。寝入ってしまった太陽の代わりに世界を照らすのは、真っ黒な空に浮かぶ三日月と、無数の星々だけだった。
 移動の間、改めて「自分がどうやってかの獅子から逃げおおせることができたのか」を考察してみたりもしたが、そもそもパニッシュ・レオーネという存在に関して、トーヤが知る情報など皆無に等しい。加えて、今こうして生きていられるのが、パニッシュ・レオーネが自分を見失ったのか、それとも何か事情があって見逃してくれたのか、それすら推し測りようもない状態であるが故、今のところは「わからない」と結論付けるのが精いっぱいだった。

「……随分、気配が少ないな」

 そんな、益体もない考察を続けながら、月と星明かりに照らされる大森林を歩き始めてしばらくが経った頃、不意にトーヤがぼやく。
 コルシャの森は南北に広いが、その中で住まう魔物や動植物の数も相応に多い。それぞれの生物がそれぞれのテリトリーを作って営みを送っている以上、この森の中で何者かの領域となっていない場所は無いはずなのだ。
 だというのに、夜であるということを差っ引いても、トーヤの周囲には異常なほどに気配を感じない。普通ならば、夜行性の魔物や寝静まった動物の気配を感じ取れてもおかしくないはず。だというのに、今日の森は不気味なほどに静まり返っていた。

「好都合なのは確かだけど……こうまで静かだと、何かがあったとしか思えないな」

 ひとり呟きつつ、トーヤは歩を進める。
 しかし、どれだけ歩き続けても、静まり返った森が何かを伝えることはなく、森にはトーヤが踏みしめる土と草が鳴らす足音だけが、ひたすらに反響していた。



「……お?」

 そんな、変わり映えのない状態でひたすらに歩き続けて、十数分ほどが経過したころ。
 視線の先で何かを捉えたような気がして、トーヤは気の抜けた声を上げた。

(あれは――なんだ?)

 よくよく目を凝らしてみれば、それが木々の合間を縫って見える「ナニカ」だということに気付く。距離があるせいで子細な形状までは分からないが、とにかくそれが「白い表面のなにか」だということは、はっきりと理解できた。

「……まぁ、何も見つけられないよりはマシか。行ってみよう!」

 久しぶりに見とめることができた、明確な変化。何か脱出の手がかりになるかもしれない、という一縷の期待を込めて、トーヤの足は白い何かを目指して進路を変えた。
 近づくごとに、その正体が少しづつ明らかになってくる。遠目に見えたことからもわかる通り、白い何かはかなり巨大なものらしい。また、ヒトの手で作られた遺跡のようなものではなく、どこか生物的なシルエットを持つ物体だということもわかった。
 付け加えると、白い何かの周りは小さな空間になっているらしい。まるで巨大な何かになぎ倒されたかのように、いくつもの木々が無残な倒木となっているのだ。

(……あれ? ひょっとしなくても、あそこってなんかヤバいところだったりする?)

 今更ながら、じっとりと危機感を感じとる。しかしその足を止めるよりも早く、トーヤの身体は小さな空間へと飛び込んだ。







「な――――」

 そしてトーヤは、絶句する。

 トーヤの眼前でわずかに「呼吸」をして、揺れる身体を覆うのは、薄暗い夜の闇の中でも輝いているかのように錯覚するほどの、まばゆい白で染め抜かれた鱗。
 隆々とした四肢は力なく投げ出され、それの威容を象徴するものであろう翼は、まるでその巨躯を庇い立てるかのように、小さく丸められていた。

「…………グ……ゥ…………」

 トーヤが驚愕するのも、無理からぬことだろう。
 彼の目の前に鎮座していたのは――夜空を照らす月のような白い鱗を持つ、巨大な「ドラゴン」だったのだ。

「な……な……?!」

 予想だにしなかった存在を目にして、トーヤの思考がフリーズする。声にならない声を出しながら、彼はその場でへたり込んでしまった。

 ドラゴン。英雄譚はもちろん、現代に語り継がれる神話にさえ名を連ねるそれを一言で表すならば、「地上最強の生物」という言葉がぴったりとあてはまるだろう。
 鋼のように硬い鱗と、その身に蓄えた膨大な魔力から放たれる、数々の熾烈な攻撃。
 生半な攻撃ではその身に傷をつけることすら敵わず、その攻撃を耐えられるのは、伝説に語り継がれるような金属のみ。
 現世におけるすべての生けとし生けるものを食らう力を持ち、何人たりともその身に触れること叶わない、まさしく地上を総べる王と呼べる、強大な生物なのだ。
 それが今、トーヤの目の前にいる。いくつもの伽話に名を連ねるような生物を前にしては、巨大な獅子から逃げ延びたさしものトーヤでも、恐慌状態に陥るのも無理はなかった。
 同時にトーヤは、この森が静まり返っていた理由と、かの獅子から逃げ延びることができた理由を悟る。ドラゴンという強大な存在が鎮座していたせいで、その気配を察知した生き物たちが危機感を感じ、逃げ出してしまったのだ。とっさのひらめきでこそあったが、おそらく間違いではないのだろう。

(ヤバい……ッ! 今度こそ――――?)

 一巻の終わり。そう思い、恐怖に慄くトーヤだったが、いつまで経ってもトーヤが思い描いたような未来は訪れない。こちらの存在はとうに察知されているはずなのに、一行に自体が動かないことを疑問に思い、恐る恐る様子を伺ってみると、ほどなくしてすぐにその理由が判明した。

「……お前、もしかして怪我してるのか?」

 翼で覆われてその向こう、純白の竜鱗が煌めいていたところに、大小さまざまな無数の傷が刻まれている。よくよく見てみれば胴体のみならず、身体をかばい立てる翼にも、頭部から生えた立派な頭角にも、程度は違えど大量の傷がついていたのだ。
 鱗を剥がされる程度のものもあれば、もっと奥まで達していると思しき深い傷。中には、何か巨大なもので抉られたような傷もあれば、魔力による攻撃か何かで炭化し、焦げ落ちたかのような痛ましい傷もあった。
 誰がどう見ても、その傷はただつけられたものではない。しかしそれを理解してなお、トーヤの頭には疑問が残った。
 そも、ドラゴンという存在は「地上最強」の地位をほしいままにする、超常の存在である。それがここまで深手を負うという事態が、そもそも考えづらいのだ。
 しかして事実、目の前の真っ白なドラゴンは、手酷い怪我を追っている。伝承や見聞とはどうしようもなく食い違う、目の前の「事実」に疑問符を並べているトーヤの耳が、小さなうめき声を捉えた。

「……オマエ、ハ…………?」

 羽虫の立てる音とほぼ同等にも拘らず、どんな音よりも明瞭に聞こえてくる、ごくか細い声。出自を探るよりも早く、それが白竜の発したものだと、トーヤは確信した。

「……え、っと……」
「オ前ハ――オ前モ、私ヲ殺スノ……?」

 トーヤが反応するよりも早く、白竜は言葉を紡ぐ。その口元が動いていないことから、何かしらの手段で思念を送ってきているのだろう……と言うことを理解したトーヤをしり目に、白竜は金色の瞳で虚空を見つめたまま、ひたすらに言葉をつづけた。

「……私ハ、タダ生キタイダケ。安寧ノ中デ、静カニ暮ラシタカッタダケ。……ソレサエモ、許サレナイノ? タダ私ノ身体ガ少シ特異ナダケデ、私ハ生キルコトモ赦サレナイノ……?」

 ドラゴンという存在が吐くには、あまりにも見当違いな言葉。弱々しい声音のまま、何かに縋りつくかのように続く竜の呟きは、とても頂上の存在のものとは思えなかった。

「……」

 なおもうわごとを続けるドラゴンを、トーヤは複雑な面持ちで見守る。最初に感じた畏怖はすでに心から吹き飛び、今のトーヤを支配するのは、得体のしれない憐憫の感情と、ドラゴンに対する同情の念だけだった。

(君が僕らの仲間になってから、君が僕らの役に立ったことは無かった。そうだね……?)
(――だから、トーヤ。最期くらいは…………僕らの役に立って見せろ!!)
(あんな物、仲間でも何でもない! 早くしろ、死にたいのか!!)

 ――トーヤの脳裏には、数刻前の出来事がフラッシュバックする。
 思い出すのは、自らを捨てたゼルトの言葉。確かに自分は役に立たない半端者だったし、彼らのために出来たことは少なかっただろう。だが、だからと言って、それだけで囮として見殺しにすることが、許されるのか? ただ役に立たないというだけで、生き延びることすら許されないのだろうか?

「……ん、よし」

 考えて、息を吐く。それがどんな意味を持っていたのかは、トーヤにとってどうでもいいことだった。

「――――彼の者を癒せ、治癒魔法ヒルティア!!」

 すぅと深呼吸をして、トーヤは両手を構え、癒しの魔法を放つ。両の掌から生まれた淡い光はゆっくりと、しかしとめどなく、白竜の身体へと注がれていった。

「……? 何、ヲ……」
「何がなんだか、わかんないけどさ。とりあえず、俺にお前を殺す意味なんてないよ。……それに、なんかほっとけなく、てッ!!」

 白竜の金色の瞳が見つめる中、トーヤは気合を入れて身内の魔力を更に強く練り上げる。更に輝きを増した癒しの光は、ゆっくり、ゆっくりと竜の傷を癒し始めた。

(……くそっ、大見得切った手前情けないけど、こんな大きな傷、とてもじゃないけど治しきれない! 魔力を全部使ったとしても、3割治せるかどうか……)

 魔力がごっそり持っていかれるのを感じながら、トーヤは歯噛みする。元々、保有する魔力の量も、専門の魔術士や治癒術士には遠く及ばない。まして、規格外の存在である白竜の傷を治癒するなど、そもそもが土台無理な話なのだ。

「おおぉりゃあああぁぁ……!!」

 しかし、限界ギリギリまで魔力を込めたのが功を奏したのか、一番大きな傷に関しては、傷の形こそ色濃く残れど、かなり癒えてきたことが伺える。それ以外の小さな傷も、少しづつではあるが確実に塞がってきていた。

「っぅぅ…………っくはぁッ!!」

 しかし、やはりトーヤの見立て通り、傷の三割を治すよりも前に、トーヤの魔力が底をつく。弾かれるように倒れ込み、肩で息を切らしながら、トーヤは己の無謀さに自嘲の笑みを浮かべていた。

「……?」

 しかしその直後、何かが動くような音が聞こえてくる。
 下げていた頭をもたげてみれば、先ほどまで横たわっていた白竜が身をよじって立ち上がり、天に向けて身体を大きく引き伸ばしている光景が、トーヤの視界に飛び込んできた。

「おぉ……」

 月と星をちりばめた夜空を背負い、世界を覆うかのように広げた翼と共に、真っ白い巨竜が、雄々しく屹立する。
 まるで絵物語の一ページかと見紛うその光景に、思わずトーヤの口からは感嘆のつぶやきが漏れた。

 ――そしてその直後、白竜の全身が眩く発光した。

「う、ぉわぁっ!?」

 あまりにも突然の現象に反応が遅れたトーヤは、若干視界を潰されながらも目を背ける。視界を焼くほどの強烈な閃光は、十数秒程続いてようやく収まった。

「くぅ……一体、何が――――」

 もう一度同じ現象が起こらないことを確認しつつ、トーヤは恐る恐る白竜の方を見やる。しかし、そこに在ったはずのドラゴンの姿は、まるで煙のように消え失せていて。

 代わりに、先ほどまで白竜が居たと思しき場所には、月明かりに裸身を照らされながら宙に浮かぶ、一人の「少女」の姿があった。


「………………は?」

 突然の出来事に、トーヤの口からは呆然とした声が漏れる。目の前にあった光景が、閃光と共に全く違う物に変わっているという事実に、彼の思考は全く追いついていなかった。
 そんなトーヤのことなどつゆ知らず、彼の目の前で軽やかに着地した少女は、その場でふわりと髪を広げる。まるで羽衣のように少女の身体を包み込む長い白髪が、降り注ぐ星明かりに照らされて、青白く輝いていた。
 そのまま、唖然とするトーヤをしり目に、少女は全身を確認するように身体をひねる。一通り確認を終えて、満足げに軽く頷いた少女は、そこでようやく今だフリーズ中のトーヤに顔を向けた。

「――そこの人間。あなたのおかげで、動けるようになった。お礼を言わせてほしい」

 天上の月をそのままはめ込んだような、鮮やかに輝く金色の瞳が、トーヤを射抜く。表情はほぼ無表情に近かったが、どうやらトーヤのことを知っていて、彼の何かしらの行動について、感謝しているらしかった。

「あ、ぇ……は? えぇ……?」

 声をかけられたことで、ようやく再起動を果たしたトーヤだったが、目の前の少女が発した言葉が意味するものを図りかねて、再び混乱の渦中に突き落とされる。
 そのまましばらく疑問符に頭を埋め尽くされていたが、頭の中で反芻した少女の言葉で、ふとトーヤは何かに気付いた。

(――待てよ? 「あなたのおかげで動けるようになった」ってことは…………)

 少女が発した言葉の、その一端。何気ない一言に意識を向けたその直後、トーヤを電撃が貫いた。

「――――まさか……キミ、さっきのドラゴン??!!」

 そしてようやく、目の前に立つ裸身の少女が、先ほど横たわっていた白い巨竜と結びつくに至った。

「そう。……私は多分、あのままだと死んでいた。だけど、あなたの治癒魔法があったから、自力で直し切れない傷を癒して、危ないところを抜けることができた。だから私は、あなたに感謝してる」
「え……あ、あぁ。そりゃどういたしまして。好きでやったことだから、気にしなくても――――じゃなくって!!」

 呆気に取られて素の返事をしてしまうトーヤだったが、我に返って首を振る。目の前の少女はその行動の意味が分からないらしく、こてんと首をかしげていた。

「君っ、ほんとにあの竜なの?!」
「? そうだけど」
「……竜って、人間になれるの?」
「なれる。ある程度の力を持つ竜なら、魔力の流れを変えて肉体を作り変えることで、人間と同じ姿を造ることができる。消耗も少ないから、今負ってる傷を治すにも、この姿は最適」

 当然だと言わんばかりの態度で、少女はトーヤの質問に答える。自慢なのか癖なのか、両手を小さく腰に当てて胸を張ると、少し小ぶりながらも形のいい双丘が、ふるんと揺れた。

「そ、そうなのか……。――ととと、とりあえずっ、これっ!」
「? これは、布?」
「上着っ、服だよっ! そもそも、何で裸なの!?」
「なんで? ……必要、無いと思う」
「要るよ!! 早く着てお願いだから! 見ないから、っていうか見えちゃうから隠して!!」
「? ……わかった」

 その様子が目に入ってしまったトーヤは慌てふためきながら、少女の艶めかしい肢体を隠すために――主に自分が目のやり場に困るのだ――自らの上着を提供する。
 不思議そうな顔でそれに袖を通す少女の背中を見ながら、トーヤは紅潮した自分の顔に手を当てて、色々なものが入り混じった、それはそれは大きなため息をついた。

「人間、あなたの名前を聞きたい」
「え? あぁ、構わないけど」

 直後、上着を着こみ終えた少女が、トーヤの方を振り返りながらそう口にする。中途半端に閉じられ、その奥がちらちらと見えてしまう胸元に吸い寄せられそうな視線を、全精力をもってどうにか引きはがしながら、トーヤは気を取り直すためにごほんとわざとらしい咳ばらいをした。


「――俺はトーヤ。フルネームは、トーヤ・ストラヴィアだ」

 こうして、時間は冒頭へと立ち戻る。

「落ちこぼれの冒険者だけど、地上最強の生き物と共に最強を目指すことになりました。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く