話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

俺だけステータスが、おかしすぎる件

きりり

24話 勇者side

透琉達が第2王国から出て行った日の話…

王様は、大事な話があると言い勇者達を王室へ集合させた。
勇輝は、迅水、花崎、神崎、が居ないことに気づいた。

「皆、朝早くにすまない。実は、皆に言わなければならないことがある。」

「それは、3人のことですか?」

初めに気づいた勇輝が質問した。

「その通りだ今日の朝5時頃、迅水 透琉が無理やり花崎 由美と神崎 澄蓮を連れ去ったという知らせを聞いた。」

「「「「え!」」」」

クラスのみんなは、驚きそして怒りに満ちていた。

「王様!どうして迅水を捕まえなかったのですか!」

クラスのみんなは、全員王様に怒りをぶつけていた。

「皆、本当に済まない。実は、迅水 透琉は、魔族と手を組んでいた。そして、2人を連れ去るのを止めようと騎士が動いたが、魔王の幹部が来て騎士達を全滅させたというのだ。」

その事を聞かされた途端、勇輝が

「つまり迅水は、裏切ったと言うことですね。」

「残念だがそう言うことになる。」

そして、クラスの皆が透琉のことを敵と判断した。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
これから少しだけ勇者sideになります。
それでは、25話で

「俺だけステータスが、おかしすぎる件」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • 豆大福16724

    王様に簡単に言いくるめられる勇者の小学生並みアホさが心配。
    普通オレオレ詐欺にもそこまで簡単に引っかからないだろうに。

    そして王のクズさに脱帽(爆)

    9
  • エルス・ギルバート

    スキル消滅とかスキル独裁スイッチとか出してくれないかな

    5
  • べりあすた

    首チョンパ

    5
  • ノベルバユーザー267627

    王様のいる城だけに攻撃出来ないかな?

    7
コメントを書く