話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

俺だけステータスが、おかしすぎる件

きりり

23話 王様と願い事2(修正完了)

俺は、王様の部屋のドアを開けた。

「トオル来たか、実は、ミレアの事で話があるのだ。」

「ミレアのことで?」

「そうだ、実は、前からミレアには、貴族から、縁談の話があってな…もしかするとトオルくん達に危害を加える可能性があるのだ。」

(ラノベでよくあるアレか…)

「なるほど、まぁ、その事は、大丈夫です。みんなは、絶対に守りますので。」

「そうか、済まない。こちらでもトオルくん達に危害が及ばないように努力する。そしてミレアが成人を迎えてからこのことは、公開しようと思う。」

「それで構いませんよ。」

この世界の人々は、16歳からのようだ。
そして、ミレアの誕生日は、後、一週間後

「トオルくん実は、あと一つお願いがあるのだが聞いてくれるか?」
 
「俺に出来ることならなんでもいいですよ?」

「そうか、では単刀直入に言う学園に入らないか?」

「え?どうして学園?」

「王族や貴族は、結婚などをするためには、学園を小等部から高等部まで行って卒業しなければならない規則なのだ。」

「俺は、王族でも貴族でもないぞ?」

「その事なのだが、王族と結婚する場合は、貴族でなくても高等部は卒業しなければならないのだ。それとミレアは、今年で高等部へ行くのだ。」

「そういう事ですか、ん?つまり俺は、小等部から行くのか?」

「安心しろ、私から学園に推薦書を渡すからミレアと同じ高等部からだ。」

「ジークさん由美も澄蓮も学園に行かしてもいいですか?」

「ああ、いいぞ。推薦書は、3枚用意してある。」

「ありがとうございます!」

「私からの話は、これで以上だ。何か私に話したい事などはないか?」

「1つあります。ミレアに、戦いなどを教えてもいいですか?」

「それは、構わないぞ。」

「分かりました。それでは、夜遅いのでこれで失礼します。」

「学園のことはいいが、縁談の件は秘密にしといてくれよ。」

俺は、頷きそのまま自分の部屋に帰り寝ることにした。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
由美、澄蓮、ミレアがどこまで強くなるのか!?
それでは、24話で

「俺だけステータスが、おかしすぎる件」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • YOU

    夜遅いのでが夜這いするので血見えた

    0
  • ましゃや

    ここで第2王国の事伝えなきゃダメでしょ

    2
  • ノベルバユーザー295182

    しょっぱなノックしろよって思ったの俺だけ?

    3
  • 破壊神フラン

    これ姫を鍛えるとか絶っっっっ対
    最強にならん?

    2
  • ぼっち先生

    いいですか。が、いいどすかになっています。

    3
コメントをもっと見る / 書く