話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

俺だけステータスが、おかしすぎる件

きりり

13話 勇輝とバトル

今、兵士にバトルの許可をとり、向かい合って立っている。

「勇輝!あんな奴ボコボコにしてやれ!」
「勇輝く〜んがんばって!!」
「迅水〜死ぬなよ〜ククッ」

(勇輝は、相変わらず人気者だね〜)

「ピクシー?」

『なんですか?』

「勇輝と戦う時どうすればいいかな?」

『それは、透琉様本人で決めることではないのですか?』

「それはそうだけど、なんかカッコよく勝ちたいな」

『はぁ、それなら最初、負けているように油断させてそれからボコボコにしてみては?』

「おっけ〜い」

兵士が俺と勇輝の間に入った。

「準備は、いいか?」

「いいぜ」

「当たり前だ」

「それでは、武器を構えよ!!」

勇輝は、聖剣を構えた、俺は…素手だ。

「迅水、剣をもてよ。もしかしておじけずいたか?」

クラスのみんなも俺を見て笑っている。

「お前なんかに剣を使う必要なんてねーよ」

「なんだと…ふざけやがって!!いいだろうお前を今後、絶対動けないようにしてやる!」

この状況を理解出来ているのは、二人しかいなかった。そしてその2人は、今同じことを思っていた。

(透琉完全に遊んでるね。)

「では、柳谷 勇輝 対 迅水 透琉のバトルを始める!」

【バトルスタート!】

勇輝は、俺に攻撃をしているが、当たらないしかすりもしない。

(どうして当たらないんだ!今、俺が絶対押してるのに…クソが!!)

さらに勇輝の斬撃が速くなる。

クラスのみんなは、勇輝が勝っていると思っている。

「はぁ、やっぱりお前弱いわ」

俺は、勇輝のみぞおちを殴った。

「グハッ!なんだと…僕が弱い?そんなのあるわけがないだろ!!」

(根性はあるのか、めんどくさいな。
よし、終わらせよう。)

勇輝の剣が上から落ちてきたので人差し指で止めた。

「「「「「は?」」」」」

そのまま、勇輝を吹き飛ばして
フィニッシュ!
勇輝は、壁にぶつかり気絶した。

(何故俺が負けるんだ。俺はあんな奴に負けるはずがないなのに、なのになのになのになのになのになのになのになのになのになのになのに、絶対に殺してやる。)

【貴様は、力が欲しいか?】

(誰だ?)

【俺は、火の精霊  ブレイズ、お前のことが気に入った、契約をしないか?】

(契約だと…?)

【そうだ、俺と契約してくれれば今よりももっと強くなるだろう。その代償にお前の魔力を頂くぞ。】

(お前と契約を結べば、俺は、本当に強くなれるのか?)

【本当だ。だがお前の努力次第だがな。】

(なら!俺と契約しろ!)

【よかろう!】

我が名は、火の精霊 ブレイズ!
主の火となり力となる!

【これからが楽しみだ。】

俺は、目を覚ました。
そこには、未だ唖然としているクラスのみんな、そして、花崎さんと神崎さんが迅水の腕に絡まって何やら楽しそうに話している。
そう、迅水が……

「まだだ……まだだ!まだ俺は、負けてない!!」

「ん?勇輝、もうバトルは、終わったんだ大人しく諦めてくれ。」

「ふざけるな!俺がお前なんかに負けるはずがない!!」

その瞬間、勇輝が俺に聖剣を振った。

「なっ!」

その聖剣には、火がまとまりついていた。

「勇輝!やめなさい!もうバトルは、終わったの!」

澄蓮が止めに来たが俺が止めた。

「まだだ!まだ俺は、負けてない!!」

「安心しろ澄蓮、俺が負けると思うか?」

「そうね、でも油断は、したらダメだよ!」

「わかってるよ」

勇輝は、今までにない。力と速さで俺を倒しに来ている。

「ピクシーこれは、どうなっているんだ?」

『これは、火の精霊の力を使っていると思われます。』

「火の精霊?」

『はい。この世界には、精霊界があり、そこにいる精霊が時々気に入った人間を見つけると契約をして力を与えます。』

「つまり、勇輝は火の精霊と契約したということか。」

『そうですね。多分契約した精霊は、
火の精霊 ブレイズです。ブレイズは、精霊界で上位の力を持っています。』

「上位っていことは、他にも火の精霊は、いるんだな。」

『はい。精霊は強さによって階級が違います』
神級位
聖位
邪位
上位
下位
『と言う感じに上から強くなっています。』

「分かった。ありがとな」

(ここは、負けるのがテンプレだけど、、、勝つか。)

「ほいっとな。」

ズドン!

音速を超えるパンチを勇輝の腹に撃った。
勿論。勇輝は、気絶した。
そして今度こそバトルは、終わった。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
透琉は、色々やってしまいます。笑
それでは、14話で

「俺だけステータスが、おかしすぎる件」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー322016

    御供連想する

    0
  • 銀狼

    これは無限じゃないんだ.,

    0
  • ノベルバユーザー295182

    人差し指だけで止めたのか、すげぇな

    1
  • ノベルバユーザー280354

    そろそろステータス
    打ち消す魔王が欲しいです。

    3
  • ユーノ

    ランクって中級は存在しないんですね・・・w

    2
コメントをもっと見る / 書く