話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

俺だけステータスが、おかしすぎる件

きりり

8話 その夜Part2

「今日の勇者共の様子は?」

「迅水 透琉というものが朝、東の森へ行きトレーニングをしていたようです。」

「ほう、東の森に、、」

「ですが、帰ってきてもレベルが上がっていませんでしたので魔物とは、戦っては居ないようです。」

「そうか、他は?」

「柳谷 勇輝が初めての魔法の訓練で火属性上級魔法を撃ったそうです。」

「おお、初日で上級魔法かやはり勇輝は、見込みがあるな。」

「この調子で、勇者を見張れ!」

「「「「「「はっ!」」」」」」

「俺だけステータスが、おかしすぎる件」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く