話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ちいさな神様の間違いで異世界に転生してしまいました

きくりうむ

第36話ークレーター

 次の日。


 「ええ!? 指名依頼!?」


 「はい。リリィさんのパーティーに指名依頼が入っています」


 今日もユウのため依頼を受けようとギルドに来たけど、指名依頼が入っていると言われた。……昨日あんなことがあったのに、これはちょっとやばいわね。


 「内容は?」


 「来週貴族パーティーがあるので、その時に使うパーティー料理の材料を集めてもらいたい。材料は、コカトリスの卵、ジャイアントブァッファローの肉の2つです」


 …コカトリスの卵とジャイアントブァッファローですって。AランクとSランクじゃない……! しかも、


 「コカトリスとジャイアントブァッファロー生息地は真逆よ。1週間で持ってくるのは無理ね。そのどこぞのお貴族様には、他の人に当たるよう言いなさい」


 どう考えてもそんなことは、その貴族もわかっているはずなのに、どうしてそんな無茶な依頼を。…やっぱり勇者が関わってきそうね。


 目的は、ユウとの分断…かしら。ユウの力を知っているのは私達だけだから、高ランクの依頼をだせば、ユウを置いていくとでも思ったのかしら。


 「そうなのですが……その……どうやら、移動手段は貴族様の方で準備してるので、受けてほしいと……」


 ちらちらと、私を見る受付嬢。


 「言い方を変えましょう。…依頼は受けない。そうその貴族には伝えなさい」


 慌てる受付嬢を無視して、みんながいるボードの所に向かう。


 「…どう思う?」


 「やめた方が良いでしょうね」


 「うん。完璧にユウ狙い」


 「そ…そうなんですか…!?」


 私の問い2人は思った通りの答えを出してくれる。


 そうこれはどう考えても勇者が手を引いている可能性しかない。それにもし勇者との関係がなくて、本当にただの偶然なのだとしたら、運が悪かったとしか言えないわね。


 「ユウが強いのはわかるんだけど、だからといって1人にしていい理由にはならないからね」


 「リリィ…!」


 ユウが感極まった声をあげる。
 ふふ、これで私に対する好感度が上昇したわ。これなら少しくらい変なことをしても、


 「リリィ……」


 「…ん? どうしたの?」


 みんなが私を見つめてくる。ユウにいたってはジト目だ。本当にどうしたのかしら?


 「心の声漏れてるわよ」


 「変なことはしちゃだめ…!」


 ……結局下がった。










 今日の依頼はウルフの討伐。


 ウルフは前にユウが時魔法で倒したやつね。今回は時魔法はなしだけれど、まぁユウにとってはなくても余裕でしょ。


 「こっちにくる」


 リュミナがウルフが来ることを教えてくれる。さて、ユウがバスターソードをどう使うか見ものね。


 「グルゥゥゥ!」


 数は3体。どれも普通のウルフだ。


 「いきます! …りゃあぁぁぁぁぁ!」


 ユウが高速でウルフに近づきバスターソードを振り落とす。


 ドオォォォォォォォォ…ン……


 ……クレーターができた。


 …何をいってんだと思ってる人がいると思うからもう一度言うわ。


 クレーターができた。


 「リリィ! ウルフがどっかいった!?」


 クレーターの中心でユウが後ろを振り向き、焦ったように言う。


 ウルフがどっかいった…ねぇ。ゆっくりとユウに近づき肩をつかむ。


 「…ユウが、消し飛ばしたんだからね?」


 「…え?」


 やっぱり、ユウのステータス聞いた方がいいかもしれない。


 そう思う私であった

「ちいさな神様の間違いで異世界に転生してしまいました」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く