天才の天災

春夜

涼平と貧民街『スラム』

「おい!やめろよ!」
僕は夢を見た。
僕が幼少期から抱いていた、
正義のヒーローになって弱い人を守る
という小さな夢。
いじめられている人や困っている人の力になりたいと、そう思っていた。
でも、現実は残酷だった。
僕にはいじめられている人を助けるほどの力がなかった。
僕には他人を引きつけるほどのカリスマ性もなかった。

「...っくしょん!!」
目が覚めると森の中に僕はいた。
昨日の夜逃げ出してここで野宿していたのだ。
目を擦ると、濡れている。
小さい頃の夢を見てた気がする。
日を見ると、そんなに登りきってはいない。まだ早朝なのだろう。
「よし、行こう。」
僕は立ち上がって、再び歩を進めた。
あまりゆっくりしていると誰かが追いかけてきているかもしれないから、できるだけ早く、少しでも遠くに行きたいと考えている。

ぐぅー

今日一日中歩いて日も暮れかけている。
お腹がすいた...
「財布も荷物も全部置いてきちゃったからなぁ...」
財布を持ってきたところで、
こっちの世界のお金など持ち合わせてはいないけど...
暗がりの中に薄らと明かりが見えた。
人がいるなら、何か食べ物や水を分けて貰えるかもしれない。
「行ってみよう。」

着いた先にあったのは、藁や木の枝などで組まれたボロボロの小屋だった。
とても人がいるとは思えないが、
かなり歩いたとはいえ王国は大きい。
歩いて出るには1日じゃ不可能のはずだ。
少なくとも、魔物の住処ではないだろう。
「すみませーん!誰かいませんか?」
扉を叩くと外れてしまいそうだったので、
外から声をかけてみる。
何も反応がない。
「...誰もいないのかな...?」
扉に手をかけようとした時、
「誰?」
ボロボロの布を纏った少年と少女が顔をのぞかせた。
「うわっ!!」
涼平は驚いて尻もちを着いた。
「貴族...ですか?」
少女が恐る恐ると言った様子で問いかける。
「ち、違うよ!僕は貴族なんかじゃない!えっと...君たちは...?」
「ルイ。」「ルシャ。」
少年がルイ、少女がルシャと名乗った。
「ルイ君とルシャちゃん、か。
ここに住んでるの?」
「「うん。」」
「ふたりで?お父さんとお母さんは?」
「いない。俺達はずっと2人でこの村で暮らしてる。」
「村?」
その小屋の後ろに見えにくいが、
この小屋と似たような建物がいくつか造られていた。
2人の他にも人はいるそうだ。
聞くところによると、ここは『スラム』
と呼ばれる所らしい。
いわゆる貧民街だ。
「そっか。良かっ...た...。」
ドサッ
涼平はやっとの思いで村に着いたことで、緊張の糸が切れ、疲れのあまり眠ってしまった。
少年がゆっくり涼平に近づき、指を指す。

「ルシャ、これ、食える?」

「天才の天災」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く