天才の天災

春夜

虐げられる『劣等生』

「おいおい、お前はなんていうスキル持ってんだぁ?クズタくぅん!」

場所はこの世界で1番の大きさを誇り、
勇者達が通う学院、
レンの暴走によりユグドの森が消しさられる前まで遡る。

僕は楠田 涼平くすだ りょうへい
俗に言う、いじめられっ子だ。
学院に通ってから、そんなに日が経ったわけでもない。
数回行われた実技、筆記の授業で
『劣等生』という烙印を押され、
ストレスのはけ口にさせられている。
頭は中の下、顔もカッコよくない上に髪が伸びっぱなしのような状態の為、両目が黒髪で隠れてしまっている地味な男だ。
運動も得意ではなく、実技の授業や勇者の訓練にはいつもついていくことが出来ていない。
主に僕を虐めてくるのは、空手全国2位の実力者の藤堂 尊龍とうどう たける
ラグビー部のようながっしりとした体格をしている。
「は、はは...やっぱり、使えそうなスキルは貰えなかったよ...」
頭を掻きながら、ヘラヘラと笑う。
僕はいつだってそうだ。
誰かが僕の味方になることは無い。
小さい時から僕はいじめられていた。
転移によって、変われると思った。
でも、そんなことは無かった。
勇者になったからといって変わることは無い。いじめる側の人が変わっただけ。
だから僕は、必死にいじめっ子の顔色をうかがう。
勉強は出来ないが、昔から低姿勢で色々なことに意識を向けてきたからかは分からないけど、どうすれば乗り切れるかなんかを考えるのは、僕の唯一と言ってもいいほどの特技だ。
愛想笑いを浮かべたまま、自分の本心を偽り続ける。
今までも、これからもそうだろう...

「だよなぁ!お前が、クズタがろくなスキルなんて持ってるわけねぇよなぁ!」
「う、うん...」
「なら勉強、戦闘、勇者に求められてることはなんにも出来ねぇわけだ!」
「いよいよクズタだな‪w」
藤堂の手下みたいな立ち位置の男にも馬鹿にされる。
でも、僕はもう慣れたので何も思わない。
何も言わず、愛想笑いを浮かべたまま聞き流す。
「そんな勇者のクズのクズタ君には、
俺が仕事を与えてやるよ!」
そう言って藤堂達がニヤニヤと笑みを浮かべる。
殴られるか、蹴られるか、あるいは両方かな...いつもの事だ...
僕はそう思って歯を食いしばる。
いつ不意に殴られてもいいように...
「ー天より降り注ぎし雷(いかずち)よ、
我が身に纏えー『雷凱』」
藤堂の詠唱が終わると空から雷が叩きつけられる。
それが藤堂に直撃したが、藤堂はニヤニヤしたまま立っている。
バチッバチバチッ
藤堂の身体の周りに薄く電気が走っているようだ。目を凝らせばなんとか見える。
それに音も聞こえる。
すると突然目の前から藤堂が姿を消し、
僕に向けて空手で培った蹴りをしてくる。
「ぅっ!!」
おもわず目をつむった。
放たれた蹴りは僕の肩をかすめ、
その直線上にある後方の柱を抉り抜く。
「さっすが藤堂さん!」
「おいおい、そんなにビビんなよぉ、
クズタぁ!今すぐにあてたりなんかしねぇよぉ。今日は特別に、先に見せておいてやる。俺のスキルは雷凱。
雷を体に纏うっていうシンプルなもんだ。」
そう言って2人は僕の元へ歩み寄り、
「明日は金属系のモンはしてくんじゃねぇぞ...死んじまうからなぁ!」
そしてそのまま横を通り過ぎていった。

「ッ...ハァ!はぁ、はぁ、はぁ...」
緊張の糸が切れたとたんに、
たちまち足が震え出す。
こ、殺される?!
金属とか...それ以前の問題だ...
あんな蹴りに耐えられるわけがない!
逃げなきゃ...でも、どうやって...
どこに...?わからないし、行く宛もない。
でも、逃げないと...

その日の夜、僕は急いで旅に出た。
荷物も持たず、ただ誰も追ってこないような、辺境の地を目指して...


クスダ リョウヘイ

種族 人族

職業 否定者

Lv15

体力 280

魔力 190

攻撃力 300

俊敏力 360

スキル  嘘【極】


スキル 嘘【極】... 嘘がバレにくくなる。
レベルに応じて効果上昇。
他人の嘘を見抜きやすくなる。
レベルに応じて効果上昇。
特定条件の達成、特定のスキルの使用で
進化可能


「天才の天災」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く