天才の天災

春夜

波乱の筆記試験、終了

キーンコーンカーンコーン
「そこまで!!!!」

学院の鐘の音と同時に試験官が言い放つ。
机の上にうつ伏せに倒れ込む者、
他の人の書いた答えを聞き、自分の答えと比べて復習する者、そして、何も考えていないかのようにぼーっと空を見ている者がいた。
ちなみにその者はレンであり、本当に何も考えていない訳では無い。
(眠い...)
今のレンの脳内はその2文字しか存在しなかった。
いつも寝てばかりいるから、当たり前といえば当たり前なのだが...

「次は実技だ。着替えてグラウンドに集合!30分以内だ!」
「「「はい!」」」

試験官が部屋を出てすぐに、クラスの仲がいい者同士集まって
「どうだった?」
などと話していた。
そんなのを見ていると案の定ミネアとシズクも俺の方に歩いてきた。
2人が席を立つとクラスの注目が集まる。
2人は俺の机の周りに来て、
予想通りのセリフをなげかける。
「「(ボス)ますたー、どうだった?」」
「さぁな。」
「...ボスならてっきり、
『俺が100以外とると思うか?』って
言うと思ったんだけど...
自信ないのかい?」
「まさか。取れて当たり前だ。
だが採点ってのは他の奴がやるからな。
2番目に大きいエリート学院で授業に出てない奴らに満点が取れるなんてしれたら
名折れだ、とか言ってくるアホもいるかもしれないだろ?」
「...『超』人間不信。」
「ボスはホントに他人を疑うねぇ...
ま、それがボスらしいんだけどね。」
「お前らはどうだったんだ?
酷い点数なら、クラスが落とされ...」
2人の表情が目に見えて曇り、
スーッと視線を逸らした。
「酷かったみたいだな。」
「言わないでくれよ!」
「...取れる方がおかしい...」
開き直った。
「ったく、勉強してたんじゃなかったのか?」
「そりゃあ、そうだけど...」
「.........」

2人曰く、今まで勉強という勉強を2人共した事がなかったらしく、
何から勉強するかという事を考えているうちに勉強とは何なのか、という疑問にたどり着いて何も手につかなかったらしい。
馬鹿だ。
俺が2人に哀れみの視線を向けていると、
脳内でリズが2人に話しかけてきた。
「お2人共、そう気を落とさないでください。実技で満点を取れば、クラスが落とされることはありませんよ。」
「本当かい!」「...ほんと?」
「はい。このテストは毎年変わらず、
筆記100点実技300点の総合評価になりますので。安心してください。」
「「良かった...」」
「んじゃ、行くか。」
「あいよ!」「ん。」

数分後、脳内にエギルから連絡が入り、
披露戦を見た教師陣が、俺達を採点するどころか軽くあしらわれるだけだと言い、
俺とミネア、シズク、桜花の4人は
実技免除の満点となった。


「天才の天災」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く