天才の天災

春夜

過去と今

ご愛読下さっていた読者の皆様、
最近読み始めましたという読者の方々も、
大変お待たせいたしました。
この一週間ほど、免許を取るために予定を詰め込んだ結果、投稿が追いつきませんでした...
申し訳ないですm(_ _)m
免許は無事、取ることが出来ましたので、
これからはもう少し更新頻度が上がると思います。
これからもよろしくお願いします。 





ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
レンは昔から周りに人が集まっていた。
沙織と出会う前の幼少期でさえ、
周りの保護者が常に誰か話しかけてくるほどに。 
沙織と出会ってからも、それは変わることは無かった。  
外に出ると周囲の注目を集めるのは当然。
喫茶店で見ず知らずの人に相席を求められたこともある。
沙織に誘われて、沙織と同じ高校に入学してからも視線を浴び続け、毎日の様に
告白に呼び出されていた。
レンに返り討ちにあった不良曰く、
「目に光がない」「傍若無人の悪魔」
などと口を揃えて言っており、
元々人に興味のないレンはなんとも思っていなかった。
モデル等の勧誘もレンは無視し続けた。
クラスメイト(誰ともレンは話したことはないが...)曰く、
「無口で少し怖いけど、それがいい」
「あの目で睨まれたら、なんだってしてあげたくなる」とのこと。
レンは確かにイケメンだが、
クラスの女子のそんな語らいを龍一とレンは理解できなかった。
いくら賢いレンでも、ヤクザとして顔の広い龍一でも、なぜというのは分からなかった。
結局2人の中で、
「この世界には異状性癖者が数多く存在している」
とまとめた。
そんなレンは告白をされても何も思わなかった。
嬉しくもなく、ただただ面倒だと。
これからもこの考えが変わることはないだろうと。
そんな考えのレンが、異世界転移という
意味のわからない体験を経て少しずつ変わってきていた。
現段階で、レンと直接会ったのは沙織だけ。
昔レンに絡んでヤクザの組が壊滅にまで追い込まれた龍一や、真面目委員長でレンに注意やお説教をしていた彩音が今のレンを見たら、口を揃えて「別人。」と言うことだろう。
昔のレンなら間違いなく人を連れ歩く事などなかった。まさに一匹狼という言葉がピッタリ当てはまるような人間だった。
それが転移してから、レンもわからない
何かがきっかけに、少しずつ変わってきている。ミネア、シズク、リズ、ココ。
例外なのはこの4人だけではない。
気まぐれに助けたアリシアを含め、
レンと会話を交わした者達。
本来なら間違いなく無視か威圧という手段をとるため、会話の余地などなかった。
少なからず、昔より丸くなっていることは間違いないだろう。

そんなレンがこっちの世界に来て、
変わり始めて初めての告白。
相手は同部屋の桜花の育ての親の妖狐。

レンの所有物である4人は自分の立場を理解しているが、全員レンに好意を抱いている為、ドキドキハラハラしながら
ただレンの答えを待つ。
会ったばかりでOKなわけはない。
が、良く考えればミネア達4人が所有物に
なったのは出会ってすぐの頃、
まともに会話もする前に所有物としての契約を結んだことを思い出していた。

さぁ、レンの答えは...
「俺は...」

「天才の天災」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く