天才の天災

春夜

現実か幻か

「桜花から聞ぃてた通り、強そうやわぁ。うちじゃ、勝てへんのちゃうやろか。」
人の形をした狐は高そうな着物のようなものに身を包み、妖艶さが漂っている。
「桜花は狐の子か...」
「親言うても育ての親や。
わしはガキの頃捨てられとったみたいでな。まぁこんな女狐は子供以前に相手がおらんじゃろ...グハッ」
「桜花、ちょいと静かにしといてや。」
ん?
桜花は腹を抑えてるから、
普通ならものすごい速度で殴れば目で追えないってのも不可能じゃない。
でも、それは見る人と殴った人に圧倒的なステータスの差があればの話だ。
自分で言うのもなんだが、
俺より相当ステータスが上となると
歩くだけで星を砕けるレベルだろう。
となると...
「幻術か?」
「よぉ分かりはったな。
でも、うちは妖狐や。お前さんらが知ってはる幻術とはちょっとちゃうと思うよ?
うちが使ってるのは妖術って言うもんや。」
(リズ、妖術と幻術の違いってなんだ?)
念話でリズに聞いてみる。
(妖術は幻術の完全上位互換になります。)
(王国とかこの世界の実力者を神眼で覗いてきたが、今まで妖術を使えるやつはいなかったな。そんなに習得の難しい術なのか?)
(難しい、と言うよりは不可能です。
私達がどれだけ頑張ったところで、
それはあくまで精度の高い幻術に過ぎません。妖術というのは妖狐が生まれながらに持つ種族固有スキルです。)
(俺でも取れないか?)
(いえ。人は不可能というだけです。
マスターにかかれば一瞬で取得可能です。)
ほぅ、俺はもう人ではない、と...
まぁ、死神だし間違ってはいないが...
(じゃあ取ってみる。)
(はい。)

取れた。
ステータスとかは見ると面白くないので、
幻術をピンポイントに神眼を使ってとった。

妖術
種族名:妖狐 の固有スキル
相手に現実とは判別できない様な、
高度な幻術をかける。
幻なので、術者よりも強い精神力を持って
遠隔武器などで術者の集中を乱すと
術は解けるが、精神力を強く持ちつつ術者に攻撃を仕掛けることはほぼ不可能と言われる。


へぇ、試してみるか。
久しぶりの新スキルという事で、
2回続けて妖術を使う。
対象は妖狐。幻の中で重力でも変えるか。
いくつかの幻を見せてみよう。
まずは重力超過。
「グッ.........」
(これは...妖術?
ウチ以外に妖狐はおらへんはず...
まさか...)
妖狐が跪きながらレンの方を見る。
すかさずまた別の幻。
「どこを見ている?」
妖狐が見上げていたレンが消え、
後ろからレンの声が聞こえる。
すかさず振り向くが、レンの姿はない。
「お前が見ている俺は幻だ。」
(いろんな所から、声?
なんであの子が妖術を使えるんやろか?)
妖狐がレンに向けて小刀を投げるが、
レンの幻をすり抜ける。
「お前はいつから、幻を見ている?」
(...いつから?)
そんなレンの声が頭に残る。
「お前は、本当に部屋まで来れたのか?
桜花を拾い、育てたのは現実か?
いつから幻を現実だと思い込んでいた?」

好奇心に駆られたレンが冷ややかな笑みを零した。

「天才の天災」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • 現人神

    レンさんかっこよすぎて最高です!

    0
  • 白堊

    ここまで読んできましたが
    面白いです
    続き気になります!

    1
コメントを書く