天才の天災

春夜

ミネアVSディーオ、開戦

「ーこの試合、召喚魔法は使わない。」

「「「「ッッッ?!?!?!?!?!?!」」」」
会場中がこれまでにないほどの驚きで溢れる。
それもそうだろう。
召喚士のクラスは基本的に召喚獣以外は
ゴミのように低いステータスということが多い。
召喚士が他のクラスより劣っていると言われている理由でもある。
確かに優れた召喚士が召喚する召喚獣は
生身の人間では勝てないと思わせるものもあると言えばある。そんな召喚士は過去に1度、勇者として召喚されたものの中にしかいなかったが...
そんな勇者級の召喚士でさえも、
魔法を放ったり、剣士が突っ込んでくればどうすることも出来ない。
魔法や剣士の速さに対応出来ずに攻撃をくらい、死ななくともダメージによって召喚獣を保つことは困難になるだろう。
召喚士とはこの世界でもう1つ別称がある。いや、蔑称と言うべきか。
「便利な農家」
ゴーレムや召喚獣は基本的に疲労を感じることは無い為、農家などで働かせれば
人がやるよりも効率ははるかに上がる。
召喚しない召喚士はただの一般人と言っても過言ではない。
観客席からは
「ここまでよくやった。」
「やっぱり逃げたか。」
という声も少なくない。

そんな中、フィールド中央の2人だけ、
笑顔を浮かべていた。
「あらら、ボス。手は抜いてくれないみたいだね?」
「あぁ、タナトスの力を使わせてくれよ。これでもお前らには期待してるんだ。」
「頑張るよ...」 
「他の奴らは本当に俺が召喚士だと思ってるみたいだな。」
「そりゃ、フェンリルや精霊王なんて召喚出来るならあたしだってそうだって思っちまうよ...」
「そうか?あれでも抑えてるんだぞ?」
「ボス。制御って言葉、知ってるかい?」
「知ってるよ。」
「本気出してもフェンリルを召喚出来るやつなんて、世界中探してもいやしないよ...」
「おいおい、不安にさせることを言うなよ...もしそうなら、俺はこの世界に失望してるさ。」
「世界中でボスを相手にして傷を1つ付けれればいい方だと思ってたんだけどねぇ...それとも、めぼしい奴でもいるのかい?」
「勇者なら、可能性はあるかなってな。
勇者は神に祝福を貰ってるんだろ?
言わば、神の使徒ってことだ。
倒して神でも出てきてくれれば、
面白そうだろ?」
「そりゃあいいねぇ。あたしらも渡り合えるように、努力しとくよ。」
「あぁ。だが、その前に1回死ぬ覚悟はしとけよ?」
「そんなの、トーナメントに応募した時から出来てるさ。」
「じゃあ、来いよ。」
ミネアはレンからもらった大剣を前に構え、レンは両手をだらりと下げ、棒立ち状態になる。
「それでは準決勝最終試合、開始ィィィ!!!」

「天才の天災」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー252041

    久々にこんな面白い作品に出会った
    応援してます

    5
コメントを書く