天才の天災

春夜

忍び寄る影

「シズク、ちょっと付き合ってくれよ。」
「ん。」
「ミネアさん、もう訓練なさるのですか?今終わったばかりですし、もう少し休んでからでも...」
「悪いね、ココ。次の相手はボスだからさ。ちょっとでも休んでられないんだよ。」
「ご主人様はそんなにお強いんですね。」
「見たこと無かったかい?」
「えぇ、ご自分で戦ったところは見たことないですね…さっきも誰かを召喚?されてましたし。」
「ま、あたしとの戦いで見れると思うよ?」
「そうなんですか?」
「ボスはあたしらと戦うのを楽しみにしてるみたいだしね。」
「それは何となく分かります。
最近寝顔が明るい気がするので。」
「それじゃ、ちょっくら行ってくるよ。」
「ますたーの代理は、無理。」
「分かってるって。さすがにボスの代理が出来るやつなんて神様にも期待してないさ。」

「第2回戦最終戦もまたまた謎の新入生、ディーオ選手にきまったぞぉぉぉ!
ここで1回、3回戦目に残った強者達の紹介をしていこう。
まず一人目、1試合目に圧勝し2試合目にシード権で勝ち上がってきた、新入生の
桜花元帥!!
そして2人目、2試合目にアリシア王女との激闘を制した前回の披露戦の優勝者、
ロイズ!!
3人目はまたまた新入生、4試合目では目にも止まらぬ早業で相手を切り捨てた大剣使い、ミネア!!つい先程ファンクラブができたにも関わらず、学院の3分の1の生徒は加入しているそうだ!
そして最後の選手は同じく転入生、
4試合目のシズク選手とミネア選手と1試合目の桜花選手と同時期に入学してきた
召喚士、ディーオ!!聞くところによると、シズク選手ミネア選手とディーオ選手は
1度も授業には出ておらず、学院長直々のスカウトだそうだ!ディーオ選手は2人からマスター、ボスなどと言われているらしい。実力は未だ計り知れず、今まで召喚したモンスターはフェンリル、森の精霊王という過去に存在したと言われている空想上の生物ばかり!
今回の披露戦は今までよりも遥かに強者ぞろいということが伺えます!
それでは、15分のインターバルの後で、
桜花選手VSロイズ選手の試合を始めましょう!
観客の皆様、トイレなどは今のうちにお済ませ願います!バトルも終盤にさしかかりました。この先、目が離せないことぐらい間違いないでしょう!では、私もトイレに行ってきます!」

「あ、ハクロちゃん勝ったんですね〜。
皆さん活躍されましたし、今日はご馳走にしましょう♪」
ココがウキウキ気分で買い物に出かける。
レンは終わってすぐ部屋に戻って寝ている。ハクロとルシィはレンの中だ。
シズクとミネアは外で戦闘訓練をしている。そんな中、

ガチャッ
レンの部屋の扉が開かれる。
「やっと、やっと見つけた…」



「天才の天災」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く