天才の天災

春夜

森の精霊王、ルシィ

「えっへへー。どう?私すごいでしょ!」
「調子に乗るなよ。僕のゴーレムの強さは再生力だ。また捕まえて、今度こそひねり潰してやる。」
相手がバラバラになったゴーレムに魔力を通すが、何も起こらない。
「どうなっている?!」
「無駄だよ。私、これでも森の精霊王だもん。自然が私の敵にはならないよ。」
「森の精霊王だと!
そんなふざけたこと、あってたまるか!」
「そんな事言われてもなぁ。
あ、そろそろ目が出るね。」
「??何を言って...」
相手が言葉を発し終えるよりも先に、
地面から無数の植物が生え、ツタが相手の体を縛り上げる。
「離せぇぇぇ!」
相手は雁字搦めにされたまま、必死にもがく。ゴーレムを生み出すも、直ぐに崩れていく。
「さっきあなた、捻り潰すって言ってたよね。じゃあ私がそうしてあげる!」
「ぐぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!」
ボキボキボキ
縛り上げられたまま体中の骨が砕け、
手がだらんと垂れ下がる。
「やったぁ、勝った!ご主人!」
たったったっと、ルシィはフィールドの隅でフェンリルに包まれて眠る召喚主の元に駆け寄る。
「ご主人!終わったよ!
じゃあ、私もう戻るね!バイバイ!」
白い光になり、レンの体に吸い込まれる。
「...だ、第7試合を制したのは、
これまた謎の多き新入生、ディーオだぁぁぁー!!!!」
「ワァァァァァァ!!!!!!!」
「すげぇーーー!!」「森の精霊王だってよ!」「あいつは強いと思ってたんだ!」
開始した頃の静寂から一変、観客が騒ぎ出す。
「......」
「ウォウ!」
起きないレンの頬をハクロがペロッと舐める。
「んん?ああ、終わったか。」
レンを起こし終えたハクロもまた、
白い光になって吸い込まれる。
「これで1回戦は終了!!次は先程の勝者同士、インターバルの後に試合開始だァァ!第1試合の勝者の桜花選手はシード権により、第2回戦は突破になります。
インターバル後は、第2試合の勝者メイ選手VS第3試合勝者ウェルト選手から
お届けいたします!」
実況者の話を聞かず、レンは部屋に戻る。
戻る途中、すごい数の報道陣が待ち構えていた。
有名な学院の中でも入れる者が少ないと言われているSクラスに入った謎の新入生だ。少しでも何かを聞きたいのだろう。
「お疲れ様です、ディーオ選手。
先程の試合...」
「こっちに何か一言...」
「森の精霊王とは、どこで...」
鎖封ロック
どこからともなく黄金色に輝く鎖が現れ、
報道陣全員の動きを封じる。
ロックは空間魔法の1種で、
触れた対象の時間を止める効果を持つ。
「まとめて話しかけんな。」
ボソリと呟きながら、固まっている報道陣の間を潜り抜ける。
いくつか曲がり角を曲がった所で、
指を鳴らす。
これがロックの解除法である。
「お疲れ様でした、ご主人様!」
「おつかれ、ますたー。」
「どんどん知らないのが出てくるねぇ。」
(お疲れ様です、マスター。
次のマスターの出番まで、約1時間40分ほど時間があると思われます。
ゆっくり休んでくださいね。)
「?リズ、1時間40分ってなんの時間だい?」
(本大会出場者全員のステータスと経験等、総合的に私が調べ上げ、計算して出した時間です。誤差はありますが、大体あっているはずです。)
「あんた、凄いね…
ボスを見てなかったらあんたを神様かなんかだと思っちまうよ…」
「なら、俺はそれまで眠る。
お前らはどうする?」
「行く。」
「私もお部屋に戻って、皆さんのご飯の支度をします。桜花さんもいらっしゃるでしょうし…」
「私はちょっと寄り道していくよ。」
「そうか。じゃ、また後でな。」
「はいよ!」
部屋に戻ると桜花が座って槍を磨いていた。
「おう、帰ったか!
なんやレン、テイマーやったんか。
あんな強いのと契約しとるテイマーは初めて見たわ。レンに出会ってからというもの、驚かされてばかりじゃ。」
褒めてくる桜花を横目に、仰向けになって寝ることにする。
「もう寝んのかいな。
寝てばっかりやのぉ。」
「桜花さん、今からご飯の支度しますね。」
「おう、すまんの。ココの嬢ちゃん。」
「ミネアさんはどうしましょう...
作った方がいいんでしょうか…」
「要らないと思う。」
「シズクちゃん?どうしてですか?」
「もうちょっとで、ますたーとの戦いだから、多分今頃、素振りしてると思う。」
「そうでしたか...
あ、じゃあ後で食べれるように、サンドイッチを作っておきますね!
次の試合が終わったら、一緒に渡しに行きましょ!」
「ん。」
「さんどいっち?聞いたことない食べモンじゃなぁ。有名なんか?」
「ご主人様の故郷で知られていた食べ物見たいですよ。」
「そうか!そりゃあ楽しみじゃ!」


レンの試合が終わってしばらくたったインターバル中、観客席で動く影がひとつ。
その影は、真っ直ぐにレン達のいる方向に
足を進めていた。

「天才の天災」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く