天才の天災

春夜

ルシィ、召喚

さて、どうやって倒すか…
俺が自分で戦えば今こんなふうに考えてる間にもう勝負は着く。
でもそれだと面白くない。
それに何よりめんどくさい。
「へぇ、お前。召喚士か。」
召喚士にはいくつか種類がある。
コイツのようにゴーレムを従わせる
ゴーレムマスター。
莫大な人数と時間を使い勇者たちを異世界から召喚するサモナー。
俺のようにモンスターを召喚し、従わせるテイマーも召喚士というクラスに部類される。
「それがどうしたんだい?
まさか、ビビったなんてことは無いよね?」
「まさか。実は俺のクラスはテイマーなんだよ。」
「ぷっ!あーっははははは!!
テイマー?戦闘どころか需要が全くない低俗クラスじゃないか!
やっぱり君は親のコネでも使ってこの学園のSクラスに入学したのだろう?」
「他のやつがテイマーなら、その認識で間違いはない。」
「ハクロ、来いよ。」
「グルルルルルル...ゥワオォォォォン!!!!」
「狼の魔物ですか。」
「いや、今回こいつは俺の枕だ。
お前の相手は今から出してやるよ。」
そう言って伏せをしているハクロのお腹に頭をのせる形で寝転ぶと、ハクロが少し丸くなってレンを包み込む。
「さて、どんなやつが出るか…」
召喚サモン
黒い霧が辺りを包み、その中から1つ、
いや1人の影が見える。
「はいはーい!ご主人に呼ばれてきました、ルシィちゃんでーす!!」
イェイ!と言った感じで目元でピースをしている少女が1人現れた。
「あーっはっはっはっはっは!!!!」
ゴーレムマスターを筆頭に、たちまちフィールドが笑いで溢れかえった。
「君は戦闘職ではなく、曲芸師として
その力を使うのかい?
それは知らなかった。いやすまない。
てっきり戦闘でテイマーなんて言う
低俗クラスを使おうとしてるのかと思ったよ。」
「ん?戦闘職としてのテイマーだが?」
「君は知らないのかい?テイマーは低俗クラス。その中でも人型というのは最弱と言われているんだよ。」
「あー!あなた今私の事馬鹿にしたでしょ!」
「ふっ。この国には奴隷商人が何人か商売をしていると聞く。そこで売られている物は拾ったもの、罪を犯したもの等があるが、最も多いのはテイマーが呼んだ役に立たない人型がほとんどなんだよ!」
「ねーご主人、私あいつ嫌い。
やっつけていい?」
「好きにしろ。終わったら俺の中に戻れ。」
「はーい。」
「やれやれ、せっかく僕が忠告をしてあげているのに。そんなに死にたいのか?」
「私は負けないもん!いっくよー!」
ルシィと名乗る少女は、ダボダボの裾から何かを取り出しあたりに撒き散らす。
種植えプランテッド・シーズ
撒かれたものは地面に落ちると、すぐさま溶けるように土の中に消える。
「ちっ!ゴーレム!先手を打て!」
相手の命令に従い、計5体のゴーレムは
一目散にルシィに襲いかかる。
1匹のゴーレムがルシィを捕まえ、
持ち上げる。
「ありゃりゃ、捕まっちゃった。」
「いいぞ!そのまま握り潰せ!!」
ゴーレムが手の力を強めると同時に。
バラバラバラッ
「な、なんだ!何が起こっている?!
どうして僕のゴーレムが!」
突如ゴーレムの体が崩れ始めた。

「天才の天災」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く