天才の天災

春夜

ディーオ開戦

「マスター、起きてください。
第6試合が始まりましたので、勝敗がつくと次はマスターの番ですよ。」
「......起きた。そういえばリズは俺の中にいたんだったな。」
「はい。ところでマスター、あまりノリ気ではないようですね。てっきりこのイベントを楽しみにしておられると思ったのですが...違いましたか?」
「違うな。楽しみなのはミネアかシズクとの戦いだけだ。あとはあいつ。名前なんだっけ?槍を持ってる陽気なやつ...」
「桜花元帥、です。」
「あぁ、そうだった。
ん?それより何か用があるのか?」
「あと少しでマスターの試合ですので、
起こさせていただきました。」
「そうか。2人はどっちが勝ったんだ?」
「ミネアが勝ったようです。」
「ま、そーなるよな。」
「分かっていたんですか?」
「ああ。ミネアは竜人族の長として、実力も経験も十分だ。それに比べるとシズクはまだ未熟だな。」
「なるほど...あ、マスター。
第6試合の勝負が着いたみたいです。」
そうか。思ったよりも早く終わったな。
黒いフード付きのローブ、手には指輪が10種類、首にはネックレスを身につける。
転移門ゲート
レンの目の前の空間が裂け、何色かわからない色の通路ができる。色は不規則な動きをしていて、普通の人なら酔ってしまうだろう。
入ってすぐに白い光が見え、ゲートを抜けると、フィールドの中央に立っていた。
「おぉぉぉーーーーっとぉー!!
早速イレギュラーな方法で登場したのは
第7試合を戦う、ディーオだぁぁぁー!!!!」
「誰だ?あいつ。」
「今回の披露戦は知らない顔が3人もいるのか。」
やはりレンを知っている人は誰もいない。
騒がしいフィールドの中で、レンは静かに
勇者が見ているか確認する。フードをとる気はないので、俯いたまま、気配のみを辿る。
「見つけた。」
やはりあいつらもこっちに来ていたか。
これで目的の1つは達成。
「君が僕の相手かい?」
メガネをかけた真面目そうな男が話しかけてきた。
「確か、ディーオ君だったね。
君と一緒に入学してきたミネアちゃんに
シズクちゃんとは、随分と親しそうだね。婚約者かい?」
よく喋るな…こういうのはなんか疲れる。
「あいつらは俺のモノだ。」
「モノ?おいおい、女の子をモノ扱いなんて良くないよ?」
そいつの後に続き、観客席からもブーイングの雨が降り注ぐ。
本当に疲れる。
観客席で見ているミネア、シズク、ココの3人がイライラしているのは目に見えてわかる。リズもさっきから
「マスター、消していいですか?」
と頭の中で微笑みかけてくるし、
人のことに口出ししないでもらいたい。
司会を睨みつけ、早く終わらせる。
「ヒェッ!!そ、それでは第7試合、スタートォー!!!!」
「モノって言うのは、こういうのを言うんだ!!」
その男の足ともの地面が盛り上がり、
いくつものゴーレムが出来上がった。

「天才の天災」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • はる

    星少ないけど他と違った転生とか良かった!投稿お願いします!頑張ってください

    3
コメントを書く