天才の天災

春夜

決着

「き、決まったァァァ!!
第4試合、フィールドに無傷で立っているのは、ミネアだぁぁぁー!!!!」

「凄かったぞー!」
「さすがSクラスだな!」
実況に続いて観客の声が疑いから歓声に変わる。
ミネアが半龍化してからは一方的だった。
呪いが発動しない違和感で一瞬足を止めたシズクにミネアが尻尾、剣、足の連撃をくらわし、シズクがフィールド上で動くことが出来ずに倒れ伏していた。
「大丈夫かい?シズク。」
「ーーーっァ...」
恐らく連撃により砕けた肋骨が肺に刺さったのだろう。声どころか呼吸もまともに出来ていない。
ミネアはシズクを抱え上げ、そのままフィールドの外に出る。
フィールドに張ってある結界をぬけたことで、シズクは完全に回復した。
「ミネア、もういい。歩ける。」
「そうかい。」
シズクはミネアとレンの元へと歩を進めながら、納得いかなそうに尋ねる。
「なんで、死なない?弱体化と呪いをかけたのに。」
「あー、半龍化ってスキルを使っただろ?元々竜人族ってのは、個体差はあれど多少は弱体魔法と呪詛魔法には生まれつき耐性があるんだよ。半龍化ってのはそれを完全に無効化する効果があるんだよ。
ま、半龍化するまでは呪いをかけられていたのは気づかなかったけどね。」
「...ずるい。」
シズクがムスッとした顔で下を向く。
「まぁそう落ち込むなって。
模擬戦の時より強くなってたじゃないか。今回勝てなかったのは相性の問題だよ。」
「...ッ!」
シズクの目から涙がこぼれる。
「シズク、泣いてるのかい?」
「......泣いてない。」
「はぁ。どうせ、こんな実力じゃボスの役に立てない。とか考えてるんじゃないかい?」
「...。」
「当たり、か。」
「...うるさい。」
「あたしらは道具だけど、役に立とうなんて考えなくていいんじゃないかい?
ボスはなんでも出来るし、何をやっても
ボスの足元にも並べないだろ?」
「...ますたーが強いのは、当たり前。」
「そうなんだけどさ。あたしもボスに言われて分かったんだけど、あたしらが思ってる役に立つ事とボスが考えてることはちょっと違う気がしてね。」
「......?」
「あたしらはボスの盾となり、剣となる。なんて言うか、護衛みたいに思ってるだろ?」
コクッ
涙目のシズクが目を擦りながら頷く。
「ボスは一言も、俺を守れ、なんて言ってないんだよ。」
「どういうこと?」
「ボスは戦ってる時、子供みたいに目を輝かせてるのは知ってるかい?
本人も気づいてないだろうけど、
少しでも強いやつと戦いたいし、
楽しいって思ってるんじゃないか?って
この前ふと考えちまってね。」
「戦闘狂?」
「ちょっと違うね。
強いやつと戦うのは楽しいだろうけど、
弱いやつは、戦っても楽しくないんだと思うよ?ボスはあたしらでさえも、手が届かないと思えるほど強い。だからこそ、
弱いやつを倒すって言うのは作業みたいで嫌なんじゃないかね。」
「じゃあ役に立つ事って、弱いやつを代わりに倒すこと?」
「半分正解だね。」
「??」
「もちろんそれもあるだろうが、
あたしらに強くなって欲しいんだと思うよ。」
「!!だから、武器を?」
「多分ね。ボスが強いって思えるやつなんかそうそういないだろ?
でもボスと出会ったおかげであたしらは
以前より強くなった。
ボスを楽しませるぐらい成長することが
今1番ボスが望んでるんじゃないかねぇ。
ま、全部あたしの考えなんだけどね。」
「......る。」
「ん?」
「強く、なる!次戦う時は、ミネアも殺せるぐらいの呪いにする。負けない!」
袖で涙を拭い去り、いつものシズクに戻る。
「それじゃ、あたしもまだまだ頑張らないとねぇ。」
「頑張らなくていい。」
「ふふっ。それは無理だね。」

「お、おい。あのミネアって言う竜人族、めちゃくちゃカッコイイな!
美人だし、強いし。」
「それを言うなら、シズクって子もそうだろう。負けちまったけど、無口そうですっげぇ可愛くね?」
2人の知らないところで、他クラスの男がファンクラブを結成した瞬間だった。

「天才の天災」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く