天才の天災

春夜

シズクVSミネア(シズク視点)

〜シズク視点〜
「続きまして第4試合、シズクVSミネア、バトルスタァァトォォー!」
やっと闘いが始まった。
さっきまでは開戦の合図と共に観客席が賑わっていたが、不思議そうな顔をしている。それもそう。私たちを知ってる人は居ないから。
でも、関係ない。
ミネアには模擬戦でもほとんど適わなかった。だからミネアに指導してもらって、
前よりは戦えるようになったと思う。
ほんとはますたーに教えて欲しかったけど、それはミネアも同じ。
それに、ますたーの自由のためにますたーの自由を貰って教えてもらうのは、何か違うと思う。
いや、ミネアに勝つために、ちゃんと集中しよう。
ミネアが使うのは大剣。
私は暗殺の能力を磨いてきた。
力と判断力、ますたーと旅してた時の経験にはまず適わない。
私の持ち味は速さと動体視力。
前もってますたーのところに聞きに行ったけど、ますたーは持てる全てを使えって言ってた。
つまり私は魔族、ミネアは竜人族の固有能力も惜しまずに使う。
ミネアが大剣を構えた。
出方を見てる、のかな。
先手をくれるなら、できるだけダメージを与えたい。
「弱体魔法」
ほんとは魔眼と重ねがけしたいけど、
ミネアは私よりレベルが上だから使えない。魔法で下げれるだけ下げよう。
対象の下げれるステータスはひとつのみ。
下げるのはこれしかない。
「どうしたんだい?シズク。
いつまで向かい合ってるんだい?」
ミネアはまだ弱体に気がついていない。
「行く。」
「影潜り」
このフィールドは天井や壁などでいくつか影がある。
シズクは影に潜って身を潜める。
「影投影」
影の中から複数のシズクが現れる。
現れたシズクの足元には元々あった影が消えている。これは周辺の影を束ねて作った偽物。
本物のシズクは影の中で次の手を打つ。
「呪詛魔法
生きとし生けるものは死へと近づく。
死の運命を受け入れろ。
死の概念は汝の元にあり。
皆の傍に常に存在したるは死神である。
死に慄くな。生を恐れよ。
生とは苦であり、死とは楽である。
今宵、汝を死へと誘わん。
~死神の幸福〜」
やっぱり呪詛魔法の詠唱は長い。
これでも詠唱省略のスキルを持っているのに、影投影がないと間に合わない。
でも、これで下準備は終わった。
ミネアは最後の分身と戦っている。
狙うのは最後の投影を倒す瞬間。
この一撃で倒すつもりで行こう。
ミネアが大剣を横になぎ払い、投影が真っ二つに別れる。
「今っ!!」



〜死神の幸福〜
呪詛魔法【極】取得者にのみ扱える、
禁断の呪付与魔法。
詠唱が長く、途中で詠唱を止めることが出来ず、詠唱中は移動することも出来ない。
呪詛魔法は詠唱中に中断した場合、
その呪いが自分自身に降りかかる。
付与から15分後、対象を苦しみのない死に至らしめる。
詠唱にかかる時間は10分。
省略時は5分とされている。

「天才の天災」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く