天才の天災

春夜

桜花元帥との会話

「どぅぉわぁぁぁ!!!!!!
人の部屋で何しとるんじゃ、おまんら!」

同居人の騒々しい声で目を覚ます。
「うるさいぞ、桜花。
相部屋なんだから、礼儀ぐらい弁えろ。」
「レン!相部屋なんやからマナーぐらい守らんかい!男子寮は女禁制じゃ言われたじゃろ!」
「...そうだったか?」
「それになんや、この人数。
レンはモテモテじゃのぅ...」
「「「...っ!」」」
ミネア、シズク、ココが顔を赤らめて下を向く。
「ほっとけ。あと、女が部屋にいるぐらいで驚いてたらこれから持たないぞ。」
「?どーいうことや?」
「こいつらもここに住むからな。」
「はぁぁぁぁぁぁぁ!
何言うとんのじゃ。バレたらえらいことやし、何よりワシの許可はどうした!」
「いらん。」
「いや、いるわ!」
「チャラチャラしてそうな見た目の割に堅いやつだな...なら、お前は飯どうするんだ?」
「なんや急に...他の奴と同じや。
学食でも食うつもりじゃ。
お前らもそうじゃろ?」
「俺らも学食?まさか。
俺らはココの飯を食うつもりだ。」
「ココいうんはそこのメイドの嬢ちゃんか?」
「そうだ。学食より美味いし、
何より食堂まで行くのが面倒だからな。
こいつらをここに住まわす条件として、お前の分も作らせてやるよ。」
「...そんな美味いんか…
しゃあないのぉ!許可したるわ!」
「どーも。」
こいつに催眠魔法をかける方が手っ取り早いが、何かが原因で勘づかれても面倒だし、こいつはチョロそうだからあえて
条件付きで納得させることにした。
「ココ、俺はいつも通り夜だけでいい。
朝昼晩にこいつの分も作れ。」
「かしこまりました。」
「嬢ちゃん、すまんのぅ。」
「ご主人様の決定ですから。」
「それより桜花、授業はどうした?
サボりか?」
「お前らと一緒にすんなや!
もう終わって帰ってきたんじゃ。」
てことはもう夕方か…
この部屋は時計がないから少し困る。
「お前らはどないしたんじゃ?
体調悪い様には見えんが…」
「俺らは授業には出るつもりは無い。
そういう条件で入学したからな。」
「なんで通おとるんじゃ...」
「そんなことより、Sクラスに入学したってことは、お前も推薦だろ?」
「ワシは師匠に勧められてこの学院に来たんじゃ。今までは師匠と旅しとったんじゃが、経験を積んで来い言われての。」
「師匠?」
「ああ。ワシの槍を作ってくれた人じゃ。どうもこの学院の学院長の教え子だったらしくてな、あっさり入れたわ。
お前らは誰の推薦なんじゃ?」
「学院長。」
「おいおい、それほんまかい!」
「嘘をつく必要はないからな。」
「学院長って国王と血の繋がった弟で、
しかも大魔道士言われてる人じゃろ!」
「そうなのか?」
「わ、わりぃ、ボス。
あたしは人族についてなんも知らねぇんだ...」
「...ごめんなさい、ますたー。」
「私も奴隷だった前は辺境にある小さな村でしたから…」
「別にいい。」
「そんなことより、お前の女はみんな奴隷か?よぉ見たら全員首輪みたいなん付けとるし...」
「俺の所有物の証だ。」
「物扱いか...ココの嬢ちゃんは奴隷じゃったらしいけど、奴隷のままじゃあかんかったんか?」
「あんな一方的な契約と一緒にするな。
これは両者の同意で付けれる、俺が作った魔道具だ。」
「あんたらは自分から物になりたいって言うたんか?」
「これはあたしらがボスの物である誇りだからねぇ。あたしらは1度も後悔なんてしてないさ。」
((コクコク))
ミネアの後に二人とも頷いている。
「なんや変わったヤツらやのぉ。
にしても、レン。
お前のとこの物も強いが、お前は別格じゃのぉ。」
「...なんの事だ?」
「とぼけんなや。分かるでぇ。
今まで強い師匠の傍におったからのぉ。
わしなんかより圧倒的な力持っとるじゃろ。」
「はぁ...妙に感の鋭いヤツめ...」
隠蔽で隠しているはずだが、
やっぱりわかるやつには分かるか…
「今度手合わせでもしよや。
ワシは強いやつと闘うのが楽しみでしゃあないんじゃ!この学院にも自分より強い奴がおるんとちゃうか思っとったけど、
見ただけで分かるんはお前らだけじゃ。」
「対抗戦なんかには俺も出るつもりだ。
その時にな。」
「Sクラス披露戦には出んのか?」
「なんだ?それ。」
「なんや知らんかったんか。
Sクラスいうんはこの学院で最も強い奴が入れるクラスじゃ。
王国の士気を高める為に、モニターを通してSクラス内の闘いを見せるっちゅうイベントじゃ。学院の目標はあくまで魔王を倒せる勇者の排出。
せやけど、いくら勇者言うたかて1人で乗り込めるわけあらへん。
騎士とか他の奴らにも手伝ってもらうことにもなる。
じゃから、Sクラスの強い奴ら同士の闘いを見せるっちゅう粋な計らいじゃ。」
ということは、ミネアとシズクとも戦えるのか…
「出れるように交渉しておこう。」
「そうか!お前との勝負が今から楽しみじゃ!」
ミネア達はどこまで腕を上げたのか…
レンは冷ややかな笑みを浮かべ、呟く。
「あぁ、俺も楽しみだよ…」

「天才の天災」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く