天才の天災

春夜

Sクラス

「なんじゃ?あんたが同居人か?」
部屋の中にいたのは昔の日本武士みたいな喋り口調の男がいた。
長い茶髪を後ろで結って、
華々しい和服衣装を着ている。
「わしも今日から通うことになったんじゃ。よろしゅうな!」
「あぁ。」
興味がないレンは素っ気なく返す。
レンの視線の先に長い槍、薙刀のようなものが立てかけられている。
見ればわかる、中々の逸品。
「へぇ、これはお前のか?」
「ん?あぁ!その槍はワシの命も同様じゃ。」
「これはお前が作ったのか?」
「まさか。ワシにはそんな器用なことは出来ん。それはもらったんじゃ。今までは色んなところを渡り歩いて度をしとったんじゃが、その時にな。使ってみたら、なんやえらい手に馴染むんじゃ。」
「そうだろうな。この槍はお前を持ち主と認めているみたいだ。」
「あんたもしかして鑑定持ちか!
珍しい奴に出おてしもたわ。」
二カッと歯を見せて男は笑っている。
俺が創る武器には劣るも、
これほどの武器を作れる奴がいるとは思ってなかった。
これだけでも学院に来た甲斐があった。
製作者に合ってみたいが、別に急ぐことも無い。
集合は昼からだから、まだ3時間ほどある。一眠りしよう。
そう思い、レンは部屋の隅に座って眠る。
「なんや器用なやつやのぉ。
もう眠ってしもうたわ。
しかしまぁ、いきなりどえらいバケモンと巡り会えたんかもしれんのぅ。こいつからは計り知れんオーラが滲み出よる。
面白くなりそうじゃな、剛血ごうけつ!」
桜花は自分の槍に視線を向けて、そう呟いた。

...ぃ。...い。...ぉい。
何かが呼ぶ声がする。
目を開くと、同じ部屋の奴が俺を起こしていた。
「やっと起きたか!
手のかかるやっちゃ。もう出るで。
あんた、名前は?」
「...レン。」
「そうか!ワシは桜花元帥。
レンと同じSクラスじゃ。」
自己紹介を済ませて教室に向かう。
歩きながら桜花はひたすら話しかけてきたが、寝起きというのもあり、面倒臭いのでほとんど全部無視した。
その間に、今から教室に向かうとミネアとシズクに念話をしておいた。
教室の前に、スーツを着ている男が立っている。男は俺たちに気づき、寄ってきた。
「僕は魔術を担当している、ルイスと言います。新入生ですよね?」
「今日から生徒になる、桜花じゃ。
よろしゅうな、ルイス先生!」
後ろを振り返ると、いつの間にやらシズク達も集まっていた。
「はい。皆さん、もう既に集まっておられます。本日入学したSクラス新入生は4名と聞いていますので、入ってください。
このクラスの担任も務めていますので、
紹介から始めましょう。」
そう言ってドアを開けたルイスに続く。
Sクラスは優秀な者しか入学できない学院の中でも最高クラスということもあり、
生徒は10人しかいない。俺達が入って、
14人のクラスだ。
「皆さん、本日より4名の生徒がこのクラスの仲間になりました。では、桜花君から挨拶してください。」
「おうよ!ワシの名は桜花元帥、
東の国出身じゃ。得意武器はワシの肩にかけちょるこの槍じゃ。よろしゅう!」
「レン。」「ミネア。」「...シズク。」
俺達3人は名前だけ言って挨拶を終える。
「えっと…皆さん、仲良くしてあげてくださいね。」
「「「「「はい!」」」」」
生徒全員が声を揃えて返事をする。
生徒の中から、聞いたことのある声が聞こえてきた。
「れ、レン様...?」

「天才の天災」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く