天才の天災

春夜

同居人

学院 
それは昔、勇者が召喚されるより前の話。
学院設立の目的は勇者の排出。
実力者や素質ある者を集め、育て上げて魔王の討伐に向かわせるために作られた。
しかし、勇者育成による魔王の討伐は1度も成功したことがなく、各国の王が
魔王の討伐の案として考えたのが、
「この世界にいないのならほかの世界から呼べばいい」
という結論に至り、今の勇者召喚が行われた。
それでもなお、各地に学院が置かれている理由は、召喚される勇者には劣るものの、
学院で育成した生徒達も逸脱した力をもっているからである。

その中でも、エギルの学院のエーデライト
と、ハネルのハトラスは世界で群を抜いて大きな学院である。
共に年齢制限はないが、試験で必要とされる素質がほかの学院よりも優れているため、両校共に生徒は100人にも満たない。


「ミネア、シズク。もう行くぞ?」
「待って。」
「ほらシズク、ボスが待ってるよ!」
「できた。ますたー、似合う?」
ミネアとシズクも和服を着ている。
シズクは袖を掴んでくるりと回転して
こっちを見つめる。
「あぁ、似合う似合う。
それより、早く行って早く帰るぞ。」
「はいよ。」
歩いていくのはめんどくさいから、転移で学院の前まで飛ぶことにした。
「転移」
転移した先には白に包まれた大きな建物がそびえ立ってる。
王城に匹敵する程にデカい。
「で、どーすればいいんだ?
お前らはクラスとか聞いてるか?」
「いや、学院に行くこともボスからしか聞いてないからね…」
「......ごめんなさい...」
「謝らなくていい。お前のミスじゃないだろ?」
そう言って下を向いたシズクの頭に手をのせる。
ちょうどその時、校門で紙を持った女が声をはりあげていた。
「本日からご入学される生徒の方は、私のところへお声がけくださーい!」
「新入生だ。」
「お名前をどうぞ。」
「レン。」
「後ろのお二人はミネアさんとシズクさんですね。学院長から聞いてます。あなた方3名は学院長による推薦ですので、本日よりSクラスに通っていただきます。
Sクラスの教室は中央にある本館の最上階です。
男性寮は入口から入って右手側、
女性寮は左手側にございます。」
「寮?」
「はい。えっと…学院長から聞かれてませんか?我が校は全寮制になってまして、
休日以外は寮で生活して頂くのですが…」
あいつ...そんなこと一言も言ってなかったぞ…あとでシバくか...
「はいよ。」
「それで、我が校の制服がございます。
Sクラスの方達は服装は自由ですが、
学生服を準備しましょうか?」
「必要ない。」
「かしこまりました。以上で説明は終わりです。なにか質問はございますか?」
「ないな。」
「でしたら、1度寮に行ってみてください。今日の授業は昼からですので、
それまでに同じ部屋の人と顔合わせはしておいて下さいね。」
しかも相部屋か...
とりあえず寝れればいいから、
静かなやつと同じ部屋なら助かるんだがな…
「じゃあミネア、シズク。
寮を出る時は念話で知らせるから、それまでお前らも休んでこい。」
「ん。」「了解。」
レンとシズク&ミネアは反対方向に歩を進める。
忘れないうちにココにも寮のこと伝えておくか...
「念話」
(ココ、聞こえるか?)
(は、はい!ご主人様、一体どこからご主人様のお声が...?)
(念話を使って話しかけてるだけだ。
学院に来たが、全寮制らしくてな。
休日には帰るから、ハクロとリズと留守番をしておいてくれ。)
(え、えええぇぇぇぇ!!!!!!
ご主人様、お戻りにならないのですか?!
そんな...寂しくて涙が出そうです…)
(そう言うな。お前から俺に念話で話しかけることもできるし、何かあったら戻る。)
(わかりました...我慢します。
帰ってきたら、頭を撫でて下さいね!
約束ですよ!)
(わかった...それじゃ、切るぞ。)
(はい。ご主人様のお帰りを心待ちにしております。)
ここで念話が切れた。
よっぽど寂しいのか、いつもよりココが子供っぽかったな...
寮に着き、各部屋の名札を見て自分の名前を探す。
一番奥の部屋に俺の名前があった。
同居人の名は…
「桜花 元帥(おうか げんすい)...
変わった名前だな…この世界と言うより、日本人に近いか…漢字だしな…」
不思議に思いながらもドアノブに手をかけ、同居人がいるであろう部屋に踏み込んだ。

「天才の天災」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く