天才の天災

春夜

絶不調

およそ1時間後、俺はココに起こされた。
「ご主人様。お休みのところ、申し訳ありません。先程の秘書の方とギルドマスターが来られましたが、如何致しますか?」
はぁ...正直やりたくない。
ましてや今日は副作用のせいでコンディションは最悪だ。
(負けるとは言っていない。)
どうせ追い返しても帰らないだろうし、
ココの負担になる。俺が話をつけるか…
「この部屋に連れてこい。」
「かしこまりました。」
トタトタと早足で玄関に向かい、部屋に戻る。2人を部屋に入れ、ドアのそばで待機している。
(おぉ...メイドだ...)
ココのメイドとしての行動に関心する。
「レン様、先程お話頂いた通り、ギルドマスターをお連れしました。」
「...あぁ。」
「ランカからどこまで聞いている?」
「何も聞いてねぇよ。」
ギルドマスターはランカの方を向き、
「お前、説明してないのか?」
「しょうがないじゃないですか。
説明しようとしましたけど、用があるならギルドマスターをって言われて、聞く耳を持ってくれなかったんですもん!」
「はぁ、レン。俺には俺の役割ってもんがある。だから秘書や受付嬢を各冒険者の元へ送り、説明をしてもらってるんだ。」
「ランカという女にも言った通りだ。
用事があるなら自分から来い。」
「...わかったわかった。
だからこうして来ているんだ...」
「ならさっさと説明をしろ。」
「はぁ...今回の緊急依頼は、大量発生した魔物が王国に攻めてきている。
その討伐、もしくは国民の護衛だ。
オーガが10体にオーク、ゴブリン種を合わせて約4000体確認されている。
発生した場所や理由は俺たちにもわからんが、国が危険なのに変わりはない。
特に今は、Aランク以上の冒険者のパーティーは3グループとも遠くに依頼に行ってしまっていて、Aランクに見合う実力はレン達しかいないのが現状だ...」
「そうか。話も済んだし、帰れ。」
「受けてくれるのか?」
「今のどこに俺が受ける理由がある?」
「...は?」
「俺のメリットはなんだと聞いている。」
「ぼ、冒険者は人々を命がけで守るのが仕事だ!今がその時だろう!」
「それは偏見だ。俺はこいつら以外を守る気なんて全くないね。」
「ちょ、ちょっと待ってくれ!
もし魔物の軍が押し入れば、間違いなく国が潰れる!」
「知ったことか。俺の屋敷は王国から距離がある。王国が潰れてこっちに流れてきたら、屋敷を守るために皆殺しにしよう。」
「そんな...レン様!あなたに人の心はないのですか?!」
「人はとっくに辞めてるからな。」
「それは、どういう...」
「なら!ならレンは何を望む?
望むものを報酬として、俺がお前に渡すと約束しよう!」
「報酬、か...金なら困ることは無いし、
そうだな...うん、俺達全員のランクをSにしろ。」
「ら、ランク...」
「断るのなら諦めろ。」
「ほ、他にはないのか?」
「無いな。今のお前の選択肢は3つだ。
Sランクにあげて国を守るか、
諦めて帰るか。」
「もうひとつは...?」
「俺の機嫌を損ねて、俺に国を滅ぼさせるかだ。」
「!!!!」「ッッ!!!」
2人とも声を出せない。
レンの実力はギルドマスターは1度肌で感じていて、自分ではレンを止めることは出来ないと体が理解しているから、
今のレンの刺すような目が、本当に出来ると思わせるほどの威圧を放っている。
「え、Sランク以上の昇格は、ギルドマスターだけでは決められません...!」
「なら他の奴にも相談してこい。」
「この昇格を決められるのは、ギルドマスターと国王様お二人の同意が必要なのです。」
「だからさっさと行けと言っている。」
さすがにアポ無しでは会えないのだろう。
二人とも、考え込む素振りをしているが、
目に希望の色はない。
「めんどくせぇ、ちょっと待ってろ。」
俺は直ぐに強制転送という空間魔法の応用を使う。
白い発光とともに、部屋に国王が立っている。
「ぬぉ!...ここは...?」
「よぉ、久しぶりだな、国王。」
「こ、国王陛下!何故この場に!」
秘書とギルドマスターが膝をつき頭を下げる。(俺は片手を上げただけ。)
「おぉ!レン殿の仕業じゃったか!
わしの知らぬ奇妙な技を使う。
じゃが急に呼ぶのは辞めてくれんか…
歳的にも心臓に悪いわい…」
「こいつらじゃ話が進まないからな。
用が済んだら直ぐ転送してやる。」
「ほほぅ、話とな?
ギルドマスターよ、聞かせてくれんか?
2人とも、頭は下げんで良い。」
「は!今回の魔物討伐の依頼をレンが受ける条件として、Sランクに上げてくれと...さすがに私1人では決められず...」
「Sランクはわしら両方の同意が必要じゃったな。わしは構わんよ?
レン殿の力は本物じゃし、何より恩人じゃ。反対する理由は1つもないのぅ。」
「よ、よろしいのですか?」
「構わん。国を守るためなら、お主の独断で話を進めても良かったんじゃがの?
後でわしに報告してくれれば良いよ。」
「か、感謝します!国王陛下!
では、Sランクに上げることで話を進めておきます!」
「うむ。さて、用も終わったようだし、
返してもらえるかの?これでも会議の時間が迫っていての...」
「あぁ。ありがとな。次はあんたのところへ行くよ。...気が向いたらな。」
「役に立てて何よりじゃ。アリシアも会いたがっておるのでの、いつでも来るといい。」
そうして白い光とともに姿が消える。
「国王陛下を呼び出すなんて、なんて魔法使いやがる...」
「話が進んだからいいだろ?」
「はぁ、じゃあ受けてくれるのか?」 
「もちろんだ。ただし!」
「まだ何かあるのか?」
「俺は今、コンディションは最悪だ。
使い魔にでもやらせよう。」
「レンが倒してくれるんじゃないのか?!」
「俺にも調子が悪い日ぐらいある。」
召喚サモン

「天才の天災」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • 獣王メコン川

    面白い!

    0
コメントを書く