天才の天災

春夜

制御と進化

目を覚ますと、体が重く感じた。
何かが覆いかぶさっている訳では無い。
もちろんシズクとリズは両脇に寝ているが…
長い間眠っていたのだろう。
ものすごく体がだるい。
気力を振り絞り、重い体を起こそうとした時に、ちょうどココがノックをした。
コンコンッ
「失礼します。」
そう言って入ってきたココと目が合う。
するとココは酷く驚いた様な顔をして、
「ご、ご主人様!お目覚めになりましたか?!あまりにも長くの間お眠りになっていて、何度も起こそうとしたのですが眠りが深くて...その、し、心配しましたぁ〜!!」
そう言って泣きながら抱きついてきた。
体が重いせいで、振りほどくことも出来ない。
「ココ、腹が減った。何か食事を頼む。」
グスッと鼻をすすりながら、ゆっくりと俺から体を離す。
「と、取り乱してすみませんでした…
5日もお眠りでしたもの、起きたら直ぐに食べれるようにと用意してありますよ。
食卓まで来られそうですか?」
「いや、どうにも体が重くてな…」
「では、ここにお運びしますね!
直ぐに持って参ります!」
そう言って俺の言葉を聞くよりも早く扉を開けて部屋から出ていった。
5日も寝ていたのか...
どうりで体が重い訳だ。
回復魔法の中に、この状態を治すものはなかったか?

考えても分かりそうになかったので、
隣で気持ちよさそうに寝ている叡智、
もといリズに聞いてみよう。
「リズ、聞きたいことがある。起きろ。」
「......ぅぁ〜...どうしましたか...?
マスター......え?!ま、マスター?!
お目覚めになられたのですね!」
ココとのやり取りと同じだ...
「そんなことより、体がだるい。
治す魔法はなんだ?」
「え、えっと…『リザイア』という魔法ですね。支援魔法の1つです。」
「支援魔法?」
「はい、長時間の睡眠による体のだるさは、体の疲労ではなく筋肉を休ませすぎたことで起こるとこの世界で言われています。ですので自信に支援魔法でバフをかけると、支援魔法が切れる頃には普通に動けるまでに戻るでしょう。」
「そうか、ありがとな。もう一度寝ててもいいぞ。」
「いえ、マスターが起きるのであれば私も起きます。」
「そうか。ところで、ミネアはどこへ行った?」
「ミネアに御用ですか?」
「いや、姿がないようだから気になっただけだ。」
「そうでしたか。ミネアは庭で木製の大剣の素振りをしていると思いますよ。」
「素振り?」
「はい、ミネアだけではなく、マスターが眠っている間に私とシズクも一緒に稽古しています。」
「なんで急に?」
「以前マスターが龍化された時に、
マスターのステータスがまたひとつ上昇したのが肌で感じました。ココは家事という面でマスターを支えておりますが、私達は護衛、パーティメンバーとして活動していますので、お荷物にはなりたくないからです。」
「そうか...ならしっかり力をつけろ。
お前達は俺には届かないが、まだまだ成長するだろうしな。」
「ん!」
「...起きていたのか、シズク。」
「ますたーの言葉、聞き逃す、勿体ない。」
「なら聞いていた通り、しっかり努力しないと捨てることになるかもな。」
少し悪戯心で言ってみると、2人の目がうるみ出した。
「...が...頑張りまず......!」
「...(ふるふる)」
「......別に今捨てるわけじゃない。
荷物になるならだ。
嫌なら頑張ればいい。」
「「はい!」」
まだ目は潤んでいるが、少し安心したようだ。
「あ、マスター。少しよろしいですか?」
「なんだ?」
「マスターのお体の件ですが、
恐らく人族であるマスターのお体が、
タナトスという神になったステータスに追いついておられないことが、睡眠時間が多い理由だと思われます。
進化と制御のスキルを私が所持しておりますので、神眼でとってお使いくださいませんか?」
「そういえば体は人族のままだったか…
わかった、貰うとしよう。」
「ありがとうございます!」
神眼を使い、5つあるスキルをとり、進化を使う。(もちろん2回)
すると上に引っ張られるような、心地よい感覚に襲われる。
しばらくして体の周りの僅かな発光がはれる。
「...特に変わった所はないな…」
「いえ、髪が白銀色になっていますよ。」
「ん?本当だ...それに長いな…」
レンの白銀色の髪は腰まで伸びていた。
これでは戦闘で邪魔になりかねない。
「ウインドカッター。」
初級の風魔法を器用に操り、髪を切っていく。
「...こんなもんか。」
女性で言うショートカットほどの長さに整え、右目は髪に隠れている。
「右目は隠れていてもよろしいのですか?」
「これならフードが脱げても、神眼で光った時にバレることは無いからな。魔眼はそんなに頻繁に使うことは無いだろうし。」
「なるほど...さすがですマスター!」
そんな褒められるほど考えた訳では無いが…
この長さにしたのは首元が寒いからだし...
そうこうしているうちに首からタオルをかけている汗まみれのミネアが帰ってきた。
「おぉ!なんだい?ボス。イメチェンってやつかい?」
「ファッションなんかに興味ねぇよ…」
「進化、した。」
「そーいやリズが言ってたね。
カッコイイよ、ボス!」
「そりゃどーも。」
((はっきり言えるミネアが羨ましい...))
想い人に見惚れてタイミングを逃して悔やむ者と、恥ずかしさのあまり言葉が出なかった者が2人、同じことを考えていた。

「天才の天災」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く