天才の天災

春夜

終焉

レンが寝ている間

「リンク。」
リズが光の粒になり、レンの体に吸い込まれていく。
そして、数分で人型に戻る。
「どうだった?何かわかったかい?」
「はい。ある程度は把握出来ました。」
リズが調べているのは、マスターである
レンに異常はないかである。
つい先程龍化しただけで森を消し去るという異常事態が起きた為、取り返しのつかないことになる前に確認しておこうというのだ。
「で、一体何が起こっているんだい?
ボスの体に何か起こっているとか...」
「まず、私が実体化してからのマスターの変化について話します。
マスターの持つスキル、二神の効果で他の人よりも遥かにレベルの上昇が早いです。マスターはあまりクエストをこなされていませんが、普通ではありえないほどのレベルに到達しています。ミネア、最近マスターの眠りが以前より深いのにご存じですか?」
「あ、あぁ。最近はココが起こしても起きるまで時間がかかってたけど…
それがどうかしたのかい?」
「そもそもの話として、
人族はレベル150と言った感じで、ステータスに表示される上限が大まかに決められています。そして、上限に達した場合、その種族の固有スキルを習得します。
種族やその者にもよりますが、ほとんどのスキルは強大なものです。
マスターの種族はタナトス、
つまりは死神です。
マスターはタナトスの種族で既に上限に達していたのでしょう。その時に得たスキルは...」
「「...スキルは?」」
レンの横に寝転がっていたシズクも興味津々だ。
終焉バッド・エンド
「ばっどえんど?」
「......効果は?」
「マスターを中心として半径3mに入った生物を強制的に死に至らしめるという能力です…」
「死神らしいスキルだね...」
「ますたー、強い。」
「ん?でもあたしらはなんともないよ?」
「えぇ。恐らくですが、マスター自身もこのスキルを確認していないでしょうから、無意識のうちに抑えているのでしょう。」
「なるほど...
いつもより制御するものが増えたから、
その分ボスの眠りが深くなっている、と...」
「多分ですが...」
「ならこれからもずっとこの調子なのかい?」
「それは問題ありません。
ミネアには以前お話した通り、実体化する時にいくつかスキルを獲得しました。」
「リンクもその時に取ったんだろう?」
「えぇ。実は取得するスキルは自分で選べたのです。なのでこんなこともあろうかと、マスターのお役に立てるであろうスキルをいくつか取って来ました。」
「この事態を脱出するスキルがあるのかい?」
「もちろんです!
マスターが強くなり、人であるマスターのお体が追いつかなくなるのは予想してましたので。」
「なら安心だな。」
「ますたー、弱くなる?」
「いいえ。今回は制御スキルと進化スキルをマスターに使っていただきます。」
「進化スキル...聞いたことがあるね...
確か、使用者の体の格を上げる様な能力だったよね?」
「はい、その通りです。」
「なら、進化だけでいいんじゃないかい?」
「そういう訳には行かないのです...
マスターのステータスの成長はもはや神の域です。1つ体を進化したところで、
まだまだ全然足りません。」
「だから、制御...」
「はい、日常生活の時に制御を使っていただき、戦闘時に解除することも可能ですので。あくまでも目標は、マスターの体の負担を少しでも減らすことですので。」
「わかった、ボスはリズに任せるよ。」
「はい、任されました!」
「皆様、夕食の準備が出来ましたので食べませんか?あら、ご主人様は...」
「ああ、ココ。ボスは疲れて眠ってるんだ。私たちだけで頂こう。」
「せっかくご主人様のために腕によりをかけて作りましたのに…」
「明日は食べるだろうし、今日の分も明日いっぱい作ってみようぜ。」
「ミネアさん...そうですね!
ぐっすりとお眠りの様ですし、
明日、また作ることにします!」
「お腹空いた...」
「シズクちゃん、寝てばかりだと太っちゃいますよ?」
「大丈夫、問題ない。」
そして4人は食卓に集まり、そしてまたレンのいる部屋に戻り眠りについた。

「天才の天災」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く