天才の天災

春夜

ユグドの森、消滅

「龍化。」
様々な色の光に覆われ、
そこには一体の大きな龍が佇んでいた。
「(ボ、ボス...?)」
黒を主として白いラインが頭から尻尾にかけて入っている。
「グルァァァァァ!!!!!」
大きな咆哮と共に、ピリピリとミネアの皮膚を伝う威圧と周りの枯れた森を抉りとるほどの衝撃。
「(ボス!どうしたんだい?!)」
「(ふぅ、龍化は出来たみたいだな。
ん?なんでここが窪んでるんだ?)」
「(ボス?今の事、覚えてないのかい?)」
「(今?龍化しただけだが...何かあったのか?)」
「(いや、ボスに起こっていることは、たぶんリズの方が詳しいだろう...帰ったら聞いてみるさ。)」
「(そうか。この姿で魔法を打ってみたかったが、森が消えたんじゃ威力が比べにくい。また今度、別空間に創造魔法で森でも作るとするか...よし、今日は帰るぞ。)」
「(あぁ、了解した。)」
2人は龍化を解き、人型に戻る。
龍の姿ではあまり分からなかったが、人型になると嫌でもわかる。
クレーターが大きすぎる。
ユグドの森はこの世界で知らない人はいないと言われるほど大きな森の1つだ。
ミネアの龍化の約2倍がレンの龍化、
レンの龍化が森の3分の1にも満たないだろう。レンやミネアが小さいのではない。
むしろ龍の中でトップクラスの大きさだ。
それの3倍もある範囲を龍化しただけで消し去るのは異常な事だ。何かがあるとミネアは確信していた。
リズに聞くと言っていたのは、リズは元々レンのスキルだったため。
本来スキルが人の形をとることは無い。
だがリズが人化する時に5つのスキルを取得出来たらしい。このことは、レンはまだ知らない。隠している訳では無いが、
レンの眠りを優先すれば、話す時間が取れなかっただけだ。
その時に取ったスキルの中で
同調リンク」というスキルがあった。
リズ曰く、レンのスキルの状態に一時的に戻ることが出来るそうだ。
これを使えば、何故あんな事態になったのか分かるかもしれない。
「なぁ、ミネア。」
考え事をしている時、不意にレンに話しかけられた。
「な、なんだ?」
急な驚きで少し声が上擦ったかもしれない。
「龍化の時の魔法の威力はどんなもんなんだ?」
「あ、あぁ。例えば龍化して
火球ファイヤーボールを打ったとして、魔法が得意とされているエルフ族の精鋭が約10人同じ魔法を打って五分五分って所じゃないかね。」
「エルフか...スキル集めに探してみるのも悪くは無いな。」
「そーだね。その時はあたし達もついて行くよ!」
そうこうしているうちに屋敷に到着。
「リズー!ちょっと来てくれないか?」
階段からタッタッタッと軽い足取りでリズが降りてくる。
「どうしました?ミネア。」
「実はだね...」
ミネアはさっきあったことを全て話す。
レンはそれを聞いて初めて、なんで地形が抉られていたのか理解した。
「そんな事があったのですか…わかりました!マスター、1度スキルに戻って確認してもよろしいでしょうか?」
「ああ。構わないが、俺は眠い。」
「かしこまりました。では、マスターはお部屋でお休みになってください。
マスターが寝ている間に少し調べさせて頂きますので。」
「そうする。」
俺が寝室の扉を開けると、
ベッドの上に寝転がっていたであろう
シズクとココが慌てて飛び起きた。
そして、何か誤魔化すような口調で、
「............布団、温めてた…。」
「お、お帰りなさいませ、ご主人様!
わ、私、そろそろお仕事に戻りましゅ!」
あ、噛んだな。
まぁ、こいつらが何をしていたのかは大体察しがつく。が、あえて聞いてみる。
「シズク、何をしてたんだ?」
「...寝る時、暖かい方が、いい、思った...。」
「俺に嘘をつくのか?」
「ぅ...ご、ごめん、なさい…。
ますたーの、匂い、嗅いでた...。」
こいつらが何をしても別に構わないが、
あまり変態になるのはやめて欲しいところではある...
「いい匂いの、ますたーが悪い...。」
ぷくぅっと頬を膨らませ、真っ赤になりながらも涙目でこっちを見つめてくる。
これは俺が悪いのか?
確かに前の世界の中年のような匂いなら誰も嗅ごうとはしないだろうが…
返答に迷っていると後ろから助け舟が出た。
「もう、シズク!マスターを困らせてはダメです!」
「......」
今度はジト目でリズを見る。
「.........リズも、昨日やってた。同罪。」
「あ、あれは、その、違うんです!その、えーっとですね…」
「はぁ、大体分かってたし別に怒ってないから、さっさと寝かせてくれ...」
「「ごめんなさい...」」
バフッ
ふかふかのベットの上に倒れ込む。
聞いたところによると、布団は毎日ココが選択して干しているそうだ。
昼まで寝て、夜も寝るのに全く湿っていない。それどころか太陽の匂い(太陽かは不明だが...)がいい具合に眠気を誘う。
「おやすみ、ボス。」
「おやすみ、ますたー。」
「おやすみなさい、マスター。」
「あぁ、おやすみ...」
そしてまた、深い眠りに意識が沈んで行った。

「天才の天災」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く